MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

アストンマーティン 新型 V12 ヴァンテージ ファイナル・エディション 世界限定333台 2022年3月16日発表

V12 vantage

アストンマーティンは、V型12気筒エンジンが搭載される最後のモデルとして「V12 ヴァンテージ ファイナル・エディション」を2022年3月16日(現地時間)発表した。世界限定で333台、発表以前に完売。初回納車2022年第2四半期に始まる予定だ。

目次

アストンマーティン 新型 V12 ヴァンテージ ファイナル・エディション

エンジンはこれまでにない最速かつ最も強力なヴァンテージ。V12エンジンが搭載される最後のモデル、最高出力700ps/6,500rpm、最大トルク753Nm/1,800-6,000rpm、最高速は322km/h、0-60mph(0-96km/h)加速3.4秒、0-100km/h加速3.5秒とした。パワーウェイトレシオは390PSとしており、これはV8エンジン搭載のVantageと比較して20%以上の増加。V12エンジンのパワーとトルクはZF製の8速ATと機械式LSDを介して駆動輪に伝達。ファイナル・エディションに合わせてトランスミッションには専用キャリブレーションが施された。

ボディサイズは全長4,514m、全幅1,962mm、全高1,274mm、ホイールベース2,705mm。軽量化対策には、カーボンファイバー製フロントバンパー、クラムシェルボンネット、フロントフェンダーとサイドシル、複合リアバンパーとデッキリッド、軽量バッテリー、中央に取り付けられた特別なツインエグジットエキゾーストシステムが含まれます。V12 Vantageがその外観とパフォーマンスに一致するように声を出すように調整されたこの新しい排気システムは、軽量の1mmステンレス鋼でできており、Vantageに取り付けられたシステムと比較して約7.2kg節約。

サスペンションスプリングレートはフロントで50%、リアで40%増加し、トップマウントの剛性は13%増加し、新しいアンチロールバーはフロントで5%剛性が高く、リアで41%柔らかくなっています。ドライバーの快適性を維持するために、後部に二次テンダースプリングが導入。柔らかいスプリングはメインスプリングよりも低いスプリングレートを提供し、ダイナミックなパフォーマンスに影響を与えることなく乗り心地を向上。

フロントとリアのせん断パネル、リアサスペンションタワーストラットバー、燃料タンクブレースを追加することでボディ剛性が向上し、ボディ剛性(kNm / Deg)が8%、横剛性(kNm / mm)が6.7%向上し、最適なプラットフォームが実現します。ドライビングダイナミクスの剛性。新しいステアリングキャリブレーションによってもサポートされ、ステアリングフィールが向上し、よりシャープなレスポンスが実現します。これにより、ドライバーエクスペリエンスが向上。

V12 Vantageは、パフォーマンスに匹敵する以上のパワーを停止するために、標準でカーボンセラミックブレーキ(CCB)システムを備えています。フロント410mm x 38mmディスクと6ピストンキャリパー、リア360mmx32mmディスクがペアになっています。 4ピストンキャリパー付き。

これらのCCBディスクは、ブレーキ性能の向上とばね下質量の大幅な削減を実現し、高温で一貫したブレーキ性能を維持し、800度までの温度でのブレーキフェードに耐えるように設計されているため、V12Vantageが最大限の性能を発揮するのに役立ちます。ドライバーの最大の自信と正確なコントロール。

アストンマーチン

https://www.astonmartin.com/en/welcome

https://www.astonmartin.com/ja/

V12 vantage

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次