メーカー・車種から調べたい方はこちらへ

BMW 新型 M4 コンバーチブル 日本モデル 2021年9月10日発売

BMWは新型「M4 コンバーチブル」(BMW M4 Cabriolet)を 日本にて2021年9月10日 発売した。納車は、2021年9月末以降を予定している。

目次

新型 M4 コンバーチブル

最高出力503hp (375kW/510PS) と最大トルク479lb-ft (650Nm) を発生するおなじみのツインターボ 3.0L 6気筒エンジンを搭載。 8速オートマチックトランスミッションと、追加のトラクションが必要な場合にのみ前輪に動力を伝達する後部バイアス全輪駆動システムに接続されています。システムには 4WD、4WD スポーツ、2WD モードがあり、後者はクラシックな後輪駆動を提供。強力なエンジンと全輪駆動システムのおかげで、M4コンペティションコンバーチブルロケットは3.6秒で0-60 mph(0-96km/h)になります。このモデルの最高速度は155mph(250km/h)に制限、オプションのMドライバーパッケージを注文すると、最高速度を174 mph(280km/h)に上げることができる。

パフォーマンスのテーマにこだわって、コンバーチブルは追加の床下ブレースと「ボディにしっかりと接続された特別なリアアクスルサブフレーム」を備えています。この車には、アクティブ Mディファレンシャル、アダプティブMサスペンション、M コンパウンドブレーキも装備。標準のブレーキシステムには、フロントに 6 ピストンキャリパーと15インチ (380mm) ディスク、リアにシングルピストンキャリパーと14.6インチ (370mm) ディスクが装備されています。ただし、顧客はオプションの M カーボン セラミック ブレーキ システムにアップグレードすることができます。このブレーキ システムには、ゴールド塗装のキャリパーと、フロント15.7インチ (400mm)、リア15インチ (380mm) のディスクが装備。

「リトラクタブルハードトップの実用的な利点とファブリックルーフの純粋な美学」を組み合わせることを約束するパネルボウソフトトップです。従来のハードトップよりも約40%軽量化されており、軽量化により車両の重心を下げることが可能。トップは、時速 31 マイル (50km/h) までの速度で 18秒で開閉でき、BMW によると、ルーフにはフラッシュ フィットのガラス リアウィンドウと、「レベルの高い遮音性と遮音性」を約束する数層の断熱材が備わっているとのことです。従来のソフトトップよりもはるかに優れた保温性を実現。ルーフは、きらめくムーンライト ブラックを含む 2色で利用可能で、折りたたむと比較的コンパクトです。ルーフを下ろした状態で、M4の貨物スペースは 9.0立方フィート (255リットル) になり、前モデルよりも 1.2立方フィート (34リットル) 多くなる。

M4 コンバーチブルは、間違いなく物議を醸す巨大なグリルを含む見慣れた外観をしています。その他のハイライトには、LEDヘッドライト、エアロダイナミックミラー キャップ、アグレッシブなバンパー、リア ディフューザーなどがあります。このモデルは、フロント 19 インチ、リア 20インチの軽量アルミホイールも搭載。

インテリアはクーペから大きく引き継がれ、ドライバーは12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと10.25インチのインフォテインメントシステムを見つけるでしょう。それらは、革巻きのスポーツ ステアリング ホイール、アルミニウム トリム、アンビエント ライティング システム、Harman-Kardon オーディオ システムによって結合。

ヒーター付きのレザー スポーツ シートが標準装備されており、バックレストには照明付きのバッジが付いています。顧客は、標準よりも 21 ポンド (9.5 kg) 軽い M カーボン バケット シートをオプションで注文することができる。

オプションについて言えば、M4 コンペティション カブリオレには、アダプティブ クルーズ コントロール、ヘッドアップ ディスプレイ、ヒーテッド ステアリング ホイールを装備できます。その他の追加装備には、ベンチレーション付きフロント シートとカーボン ファイバートリムが含まれます。

新型 M4 コンバーチブル 価格

モデル価格(10%)
BMW M440i xDrive Cabriolet¥ 10,890,000
BMW M4 Cabriolet Competition M xDrive¥ 14,330,000

BMWニュースリリース

BMW Group PressClub
BMW M4 Cabriolet Competition M xDrive誕生 ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン)は、サーキットでの運動性能を極限まで高めたMハイ・パフォーマンス・モデル「BMW M4」の...
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トップへ
目次
閉じる