ホンダ アキュラ 新型 RDX 2022年モデル 改良 2021年9月22日発表

ホンダのアキュラは「RDX」商品改良を行い、2022年モデルを米国にて2021年9月22日(現地時間)発表した。

目次

アキュラ 新型 RDX 2022年モデル

エクステリア

再設計されたMDXからインスピレーションを得て、RDXはその兄を反映する新しいフロントフェイシア。モデルは垂直方向のエアインテークとスリムなサラウンドを備えた改良されたグリルを備えている。わずかに改訂されたリアバンパーと新しい長方形のデュアルエキゾーストシステムがある。新しいリキッドカーボンメタリックカラーと、更新された19インチおよび20インチのアロイホイールを採用。

インテリア

インテリアの変更は比較的控えめですが、新しい7インチのデジタルスピードメーターとワイヤレスのAndroidAutoおよびAppleCarPlayを採用。2022モデルにはAmazonAlexaの統合も含まれている。これにより、ドライバーはAlexaに音楽の再生、電話の発信、スマートホームデバイスの制御、駐車スペースの検索、特定の場所への移動を依頼することができる。アルミニウムトリムに新しいブロンズ仕上げが施されている。テクノロジーパッケージもアップグレードされ、ワイヤレススマートフォン充電器と27の異なる色の組み合わせを持つIconicDriveLEDアンビエント照明システムが含まれている。新しいステアリングホイール、コントラストステッチ、ウルトラスエードインサートを備えたドアパネルなど、いくつかのアップデートが施されている。新しいオーキッドレザーのインテリアを注文することもできる。、アコースティックガラス、新しいフロントフェンダーライナー、新しい遮音材、ダッシュボードのより厚い遮音パッドが装備。強化されたノイズキャンセルシステムと改良されたエンジンチューニングも備えている。

エンジン

2.0L 4気筒ターボチャージャーエンジン、最高出力272 hp(203 kW / 276 PS)と最大トルク280 lb-ft(380 Nm)、10速オートマチックトランスミッション、トルクベクタリングテクノロジーを備えたオプションのスーパーハンドリング全輪駆動システムと組み合わせ。再調整されたサスペンションと、より明確なプログラミングを特徴とする4つのモード(ノーマル、コンフォート、スポーツ、スノー)を備えたアップグレードされた統合ダイナミクスシステムの恩恵を受けます。アキュラはまた、電子ブレーキブースターのおかげでブレーキペダルの感触が改善。

安全装備

6 mph(10 km / h)を超える速度で作動する歩行者用自動緊急ブレーキが追加されたため、前方衝突警告システムがアップグレードされました。死角情報システムも、レーンチェンジアシスト機能と4倍の検出範囲のおかげで改善。新しい後部シートベルトリマインダーシステムとより正確な交通標識認識システムを追加しました。これは現在、GPSデータの代わりにカメラを使用しています。テクノロジーのバリエーションには、衝突が差し迫っている場合に自動的にブレーキをかけることができる新しいフロントおよびリア低速ブレーキシステムも搭載。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる