スバル 新型 アウトバック 残念だと思ってしまう点をまとめ

スバルは新型レガシィ アウトバックのフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月7日正式発表、2021年12月2日に発売予定。次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用した。

目次

新型アウトバック 残念だと思ってしまう点

今回先行展示されているスバルにて展示車両を見ることができたので実際に不満に感じる部分をまとめてみた。

ボディサイズ

北米で先行して発売が開始された新型「アウトバック」、1年以上遅れて今回「アウトバック」のみ日本で発売されることになるが海外志向が強いためボディサイズは全長4,870mm、全幅1,875mm、全高1,675mm、ホイールベース2,745mmである。比較対象をトヨタの新型ハリアーと比較してみると全長+140mm、全幅+40mm、全高-15mm、ホイールベース+85mmと新型ハリアーより全長も全幅も大きいとあって少し日本の道路事情を考えると購入をやめてしまう人が出てくる可能性が高いボディサイズであることは間違えなさそう・・・大きい車に乗りたい人にはお勧めとなるかもしれない。

サイズ新型RAV4新型ハリアー新型アウトバック
全長4,600mm4,740mm4,870mm
全幅1,855mm1,855mm1,875mm
全高1,690mm1,660mm1,675mm
ホイールベース2,690mm2,690mm 2,745mm
最小回転
半径
5.5m~5.7m5.6m〜5.7m5.5m
最低地上高195mm160~190mm213mm

上から見下ろすカメラ機能がない

トヨタでいえば「パノラミックビュー&ワイドフロントビュー機能」ホンダでいえば「マルチビューカメラシステム」のように上から見下ろすカメラ機能がない。一度使えば上から見下ろすことで駐車が楽になり停止位置の確認や死角にある障害物を簡単に見ることができる。できそうだがない。この価格帯の商品で付いていないのは残念。

デジタルインナーミラーがない

最近の車種では多くデジタルインナーミラーが装備されているがこのクラスで設定がないのは少し不満がある。

シートヒーターとオートビーグルホールドの物理ボタンがない

「シートヒーター」をONにする場合には11.6インチのフルHD大画面ディスプレイ上から操作をするのですが新型「レヴォーグ」と同様なのでONにするまでの流れが面倒です。同様に「オートビーグルホールド」(トヨタではブレーキホールド)も同様に物理ボタンではなくディスプレイ上からの操作。これは面倒。

価格が高い

新型「ハリアー」価格2,990,000円〜5,040,000円、新型「RAV4 」価格2,743,000円~4,029,000円に対して、新型「アウトバック」価格4,147,000円~4,290,000円と装備などは差がないがエンジン仕様や燃費面をみても少し高い設定ではある。装備の少ないグレードももう少しあってもいいなと感じるところです。

あわせて読みたい
スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ A型 日本モデル 2021年12月2日発売 スバルは新型レガシィ アウトバックのフルモデルチェンジを行い日本では2021年9月2日予約開始。2021年10月7日正式発表、2021年12月2日に発売。 同時に新型「レガシィB4...
あわせて読みたい
スバル 新型 レガシィアウトバック VS 旧型 レガシィアウトバック 徹底比較 スバルは「レガシィ アウトバック」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月7日発表、12月2日に発売するが、何が変わったのか旧型モデルと比較してみた。 【レガ...
あわせて読みたい
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる