マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ 2023年12月25日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023 mazda flair wagon

マツダは「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」のフルモデルチェンジを行い2023年12月25日に発売する。

目次

マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ について

エクステリアデザインを変更。

大型9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーションを採用。

スズキ初採用となる「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用。

「後部座席センターアームレスト」「オットマン」「パーソナルテーブル」を採用。

最新の「R06D型 エンジン」を採用。

今回の全面改良では、「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」の特徴である、デザイン、広く快適な室内空間、安全機能など、フレアワゴン本来の魅力をより進化。デジタルスピードメーター&マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)ステアリングヒーターをマツダの軽自動車として初採用。環状骨格構造や構造用接着剤などの採用により、ボディ剛性や操縦安定性を高めたほか、アンダーボディ接合面に減衰接着剤を採用、遮音バッフルを左右計8か所に採用することで室内の高い静粛性を実現。乗り降りのしやすいリアステップ地上高(345mm)やスライドドア開口幅(600mm)、開口高(1250mm)に加え、持ち手部分を拡大した乗降グリップにより、後席の乗降性を高めた。

マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ エクステリア について

エクステリアはは、大容量のコンテナをモチーフとし、「フレアワゴン」では「心地よさ」と「ワクワク感」を、「フレアワゴン カスタムスタイル」では「上質感」と「存在感」をそれぞれ表現し、メッキと艶のあるブラックを組み合わせた大型のフロントグリルやメッキフロントバンパーガーニッシュ、メッキバックドアガーニッシュなどにより、上質感と存在感を表現。

「フレアワゴン」は全9色を設定(2トーンルーフ仕様車を含む)。主な新色として、春に咲く花のような柔らかみのある色を表現した「ミモザイエローパールメタリック」と、使い込んだ革製品のような深みのある色を表現した「トーニーブラウンメタリック」を設定した。また「XS」専用となる2 トーンルーフ仕様車のルーフ色には「ソフトベージュ」を採用。

「フレアワゴン カスタムスタイル」は、全6色を設定(2トーンルーフ仕様車を含む)。「ピュアホワイトパール」「スチールシルバーメタリック」には「ブラックルーフ」の2トーンルーフ仕様車を設定。

マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ インテリア について

インテリアも、それぞれのキャラクターに合わせた色調や素材使いで、上質感と居心地のよさを表現。冬の寒い日にも快適な運転をサポートするステアリングヒーターを、マツダの軽自動車で初めて採用。スピードメーターをデジタル化するとともに、マルチインフォメーションディスプレイには 4.2インチカラーTFT液晶を全車に標準装備し、視認性を向上。

快適性・使い勝手では、後席に「マルチユースフラップ」を設定。シート前端にあるフラップの位置や角度を調整することで、オットマンや荷物の落下予防といった機能が利用可能です。また、運転席と助手席へのシートヒーターの採用、助手席前の「ビッグオープントレイ」や後席用の折り畳み式シートバックテーブル、左右独立式「センターアームレスト」の採用などにより利便性を向上させ、快適で過ごしやすい室内空間を実現。ブラウンを基調としたインテリアに、サイドルーバーガーニッシュやドアアッパー部分にマットな質感のカフェラテ色を配色。グレー基調のカラーメランジシート表皮と相まって、居心地のよい室内空間を演出。静粛性を高めたスリムサーキュレーターや、インパネと後席運転席側に設置したUSBチャージャー(USB-Type- A、Type-Cを各1個)を採用。

マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ エンジン について

走行性能では、効率を高めたR06D型自然吸気ガソリンエンジン(NA車)と、軽量で高効率な新CVT、マイルドハイブリッドの組み合わせにより、優れた燃費性能とスムーズな走りを両立。さらに、環状骨格構造や構造用接着材の採用により、ボディ剛性や操縦安定性を向上。また、アンダーボディ接合面への減衰接着剤の採用などにより、室内の高い静粛性を実現。

マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ 安全装備 について

安全性能では、マツダの軽自動車として初となる、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポートII」を全車に標準装備。アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能・停止保持機能付]なども採用、より安心・安全な運転をサポートします。パーキングブレーキの作動、解除の操作を指先で確実に行うことができる電動パーキングブレーキ(オートホールド機能付)を、マツダの軽自動車で初めて採用。

マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ 価格 グレード について

フレアワゴンは「XG」「XS」の2モデル、フレアワゴン カスタムスタイルは「Custom Style XS」「Custom Style XT」の2モデルを設定する。

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
XG直列3気筒660cc
<R06D型>
+モーター
(マイルドハイブリッド)
CVT2WD1,541,100円
4WD1,667,600円
XS2WD1,716,000円
4WD1,835,900円
Custom Style
XS
2WD2,006,400円
4WD2,126,300円
Custom Style
XT
直列3気筒660cc
<R06D型>
ターボ+モーター
(マイルドハイブリッド)
2WD2,280,300円
4WD2,400,200円

マツダ 新型「フレアワゴン」「フレアワゴン カスタムスタイル」フルモデルチェンジ スペック について

パワートレーンは、最高出力36kW(49PS)/6500rpm、最大トルク58Nm(4.1kgfm)を発生するR06D型エンジンと最高出力1.9kW(2.6PS)/1500rpm、最大トルク40Nm(4.1kgfm)/100rpmを発生するWA04C型モーターを組み合わせるマイルドハイブリッドを搭載。

ターボモデルには最高出力47kW(64PS)/6000rpm、最大トルク98Nm(10.0kgfm)/3000rpmを発生するR06A型と、最高出力2.3kW(3.1PS)/1000rpm、最大トルク50Nm(5.1kgfm)/100rpmを発生する。

スペックフレアワゴン
フレアワゴン カスタムスタイル
フレアワゴン
カスタムスタイル
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,785mm1,785mm
ホイールベース2,460mm2,460mm
エンジン直列3気筒660cc
<R06D型>
+モーター
(マイルドハイブリッド)
直列3気筒660cc
<R06D型>
ターボ+モーター
(マイルドハイブリッド)
最高出力36kW(49ps)/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
最大トルク58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
98Nm(10.0kgm)/
3,000rpm
モーター最大出力1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最大トルク40Nm(4.1kgm)/
100rpm
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
トランスミッションCVTCVT
駆動方式2WD(FF)/ 4WD2WD(FF)/ 4WD
乗車定員4名4名
WLTCモード燃費22.2km/L(2WD)
20.2km/L(4WD)
19.8km/L(2WD)
19.2km/L(4WD)

マツダニュースリリース

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2023/202312/231225a.html

フレアワゴン

https://www.mazda.co.jp/cars/flair-wagon/

2023 mazda flair wagon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次