スバル 新型 WRX STI 米国IIHSの2014年安全評価で 「トップセイフティピック(TSP)」を受賞!!

スバル

北米地区で現在販売しているスバルの2015年型WRX、WRX STIが、IIHS*1(道路安全保険協会)が行う最新の2014年の安全性評価において、「トップセイフティピック」を受賞。

・ 全試験項目(前・側・後面衝突、ロールオーバー、スモールオーバーラップ試験)において
 最高評価「Good」を獲得

subaru_wrx_101.jpg

この他のスバル車については、レガシィ*2、アウトバック*2、インプレッサ*2、SUBARU XVクロストレック*3、フォレスター*4が既に「トップセイフティピック」を獲得している。

試験内容動画

「トップセイフティピック」を受賞するには前・側・後面衝突、そしてロールオーバー(車両転覆)時の安全評価すべてにおいて最良の乗客保護性能を持ち合わせたクルマとして、最高の「Good」を獲得するとともに、2012年に導入されたスモールオーバーラップ試験においても「Good」または「Acceptable」を獲得することが必要です。スモールオーバーラップ試験は、車両の前面コーナー同士の衝突や、車両の前面コーナーと電柱等、前方にある物体との衝突を想定した非常に厳しい衝突試験です。この試験では、車両前面の運転席側25%に渡る範囲を高さ5フィート(約1.5メートル)の衝突試験用バリヤに時速40マイル(約64キロメートル)で衝突させます。2015年型WRX、WRX STIは、これら5つの安全性評価項目において最高評価「Good」を獲得しました。

スバルニュースリリース
https://www.subaru.co.jp/news/

新型インプレッサ WRX STIについて
https://car-repo.jp/blog-entry-119.html

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019