スバル 新型 WRX STI 2.0Lターボ 308ps 2014年8月発売

スバル

スバルが新型「WRX STI」を2014年8月25日に発売する。

2014年1月14日、デトロイトモーターショー14で新型WRX STIがワールドプレミアすることを予定。これは1月3日、スバルの米国法人、スバルオブアメリカが公式サイトで明らかにしたもの。新型WRX STIが2015年モデルとしてデビューすることを告げている。

新型 WRX STI について

新型WRX STIでは最高出力305hp/6000rpm、最大トルク290lb-ft/4000rpmの水平対向4気筒2.5Lターボに強化版6速MTを搭載。エンジン自体のスペックは従来と大きく変わらないものの、シャシーセッティングなどによりアクセル開度25%で従来型の50%のアクセル開度を凌ぐ加速Gを発生するという。しかし、日本では米国より早く、2014年8月に発売すると言われだしている。そして、さらに日本ではSTIエンジンは伝統のEJ20ターボを採用すると言われている。EJ25ターボではないのでユーザーから不満がでそうではあるが、1989年から製造され、長年WRCに参戦してきたこの経験を元に究極のスポーツ仕様に変化せている様子だ。気になる出力は現行STIと同じ、最高出力308ps/6400rpm 最大トルク43.0kgm/4400rpmとなる。予想価格は380~412万円になりそうだ。

2013年11月にロサンゼルスで発表された新型WRX S4の性能をさらに引き上げたモデルになることは間違いなくボディーサイズはWRX S4と変わらず4595×1795×1475mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2650mmエクステリアの基本デザインはWRX S4と共通。6速MTは従来型と比べ節度感、吸い込み感を向上し、よりスポーティなシフトフィーリングを実現する。

スペック 新型WRX STI
全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,475mm
エンジン EJ20 水平対向 2.0L 直噴ターボ
最高出力 227kW (308PS) /
6,400rpm
最大トルク 422N·m (43.0kgf·m) /
4,400rpm
トランスミッション 6MT
JC08モード燃費 9.4km/L
価格 380~412万円

WRX STI World Premiere Movie

ソース

https://www.autocar.co.uk/car-news/detroit-motor-show/new-subaru-wrx-sti-be-sold-uk

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2020