MENU

トヨタ 新型 FCV セダン 燃料電池車 2014年内発売 700万円 航続距離約700km

トヨタは、2014年6月25日にセダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)を公開した。また、発売時期、および日本での車両本体価格の目途と販売チャネルを公表した。

目次

新型 FCV セダン

日本では、2014年度内に販売を開始する。販売は、トヨタ店とトヨペット店が扱い、当面は、水素ステーションの整備が予定されている地域(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、愛知県、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県)およびその周辺地域の販売店が中心となる見込み。価格は700万円程度を予定している。

米国・欧州では、2015年の夏頃の発売に向け準備を進めており、価格は、今後、決定する。トヨタは、燃費向上・エミッション低減を目指す「省エネルギー」、電気や水素をはじめとした代替燃料の利用を促進する「燃料多様化への対応」、さらには、「エコカーは、普及してこそ環境への貢献」を基本方針として環境技術開発を進めている。「燃料多様化への対応」では、燃料選択において、水素に注目している。水素には、様々な一次エネルギー、中でも太陽光や風力などの自然エネルギーを活用した製造が可能、電気に比べてエネルギー密度が高く貯蔵・輸送も容易、家庭用・自動車用燃料のみならず発電への活用も期待されるなど幅広い用途への利用が可能、といった特徴があり、トヨタは、水素を将来の有力なエネルギーと位置付けている。

FCVの開発においては、トヨタは、20年以上にわたり取り組んでおり、水素と酸素の化学反応により発電をするFCスタックや燃料となる水素を貯蔵する高圧タンクを中心としたFCシステムを自社開発している。2002年以降は、日米でSUVタイプのFCVを導入してきた。

トヨタが開発を進めているFCVは、航続距離は約700km*3を確保するとともに、燃料の補給(水素の満充填)に要する時間は3分程度とガソリンエンジン車と同レベルである。また、FCVが走行中に排出するのは、水素と酸素の化学反応で発生した水だけである。このようにFCVは、「自動車用燃料の多様化に対応」、「走行中はCO2や環境負荷物質を排出しない」、「現状のガソリンエンジン車と同等の利便性」を兼ね備えており、サステイナブルなモビリティ社会の実現に貢献する究極のエコカーとして高いポテンシャルがあるとトヨタは考えている。

なお、トヨタグループ各社においても、燃料電池バス、家庭用燃料電池、燃料電池フォークリフトなどの技術開発に取り組んでいる。今後、新型FCVをいち早くお客様にお届けできるよう、全力を挙げて発売準備に取り組む。新型車の詳細情報ならびに、日米欧それぞれの車両価格、販売計画台数等の詳細は、別途、公表する。

全長:4,870mm
全幅:1,810mm
全高:1,535mm
ホイールベース:2,780mm
乗車定員:4名
動力源:水素燃料電池
航続距離:約700(JC08モード、社内測定値)
価格:700万円

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/3274916/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次