マツダ 新型 デミオ クラスNo.1低燃費を目指す!!「魂動(KODO) -Soul of Motion-」JC08モード28㎞/L以上 2014年9月発売!!

マツダ

マツダは新型デミオを開発中だ。

マツダが、2014年3月4日開幕の2014 ジュネーブモーターショーで披露する新しいコンセプトモデル”Mazda Hazumi Concept”。

マツダのデザインフィロソフィー「魂動(KODO) -Soul of Motion-」を用いて製作されたこのハズミ コンセプトについては、2014年の10月に登場することが期待されている次期型”Mazda 2(デミオ)“。

現行が2007年7月登場で5年目を迎えている。2014年9月にはモデルチェンジとなる。

現在同、クラスのスイフトが1.2Lの新開発エンジンとエネチャージでJC08モード26.4km/Lを達成しており

新型デミオはどこまで燃費を伸ばせるかがポイントとなる。

更にデザインは「魂動(KODO) -Soul of Motion-」デザインで共通性を図る。

SKYACTIVをすでに搭載してはいるが今回のモデルチェンジでは

トランスミッションの改良しフルSKYACTIVになる。

これはアクセラに搭載された1.5LSKYACTIVエンジンが採用される。

JC08モード燃費が現行は25km/Lだが新型は28km/Lでガソリン車トップとなる。

また、デミオに新開発 小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」搭載。

これは既に「マツダ CX-5」などに搭載されている新世代クリーンディーゼルエンジンの小型版である。

matsuda_01.jpg
matsuda_02.jpg
matsuda_05.jpg
matsuda_04.jpg
matsuda_03.jpg
matsuda_08.jpg
matsuda_07.jpg

「SKYACTIV-D 1.5」の特長

小排気量ディーゼルエンジンで最も低い圧縮比14.8*3を採用しながら理想の燃焼効率を追求

高分散噴霧のソレノイドインジェクター*4と段付エッグシェイプピストン*4による火炎の壁面接触低減、過渡燃焼制御技術により冷却損失を抑制

高圧EGR&低圧EGRシステム*4を採用、これにより均質リーン化領域を拡大し燃費環境性能、パフォーマンスフィールを向上

エンジン冷却システムに冷却水制御バルブ(CCV)*4やウォータージャケットスペーサー*4を採用、これにより、燃焼効率改善と機械抵抗低減を実現

低速域から高速域まで十分な過給圧が得られる回転センサー付きの可変ジオメトリーターボチャージャー*4を採用
吸気管一体式水冷インタークーラー*4を採用、加速レスポンスおよび過給効率を向上

高価なNOx後処理システム無しで、日本ポスト新長期規制、欧州ステージ6をクリアする*1高い環境性能を実現

 

 

スペック 新型デミオ
全長 4,060mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm
エンジン 1.5L 直4 SKYACTIV
JC08モード燃費 28km/L~
価格 120万円~190万円

 

今後新しい情報が入り次第更新致します。

画像ソース

https://jalopnik.com/the-mazda-hazumi-concept-is-the-next-mazda2-and-its-go-1535175199

マツダ SKYACTIV-D 1.5 ニュースリリース

https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2014/201406/140610a.html

マツダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました