カーナビ

パナソニック ストラーダ 新型 CN-F1D SDカーナビ 9V型大画面「DYNABIGディスプレイ」搭載 2016年6月上旬発売

2016年3月29日

CN-F1D

パナソニックは、新たな発想で、9V型大画面カーナビゲーションを幅広い車種に取り付け可能にしたSDカーナビステーション「ストラーダ CN-F1D」を2016年6月上旬に発売します。

パナソニック ストラーダ 新型 CN-F1D

近年、カーナビゲーションの多機能化やユーザー層の多様化を背景に、見やすく、使いやすい大画面のカーナビゲーションが求められています。一方で、汎用サイズ(7V型)を超える大画面カーナビゲーションは車種別専用パネルが必要となり、取り付け可能な車種が限られています。

本製品は、本体部分が2DINサイズで、ディスプレイ部がコンソールから飛び出した状態になるフローティング構造の「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」(特許申請中)を新たに採用。これまで9V型大画面カーナビゲーションの取り付けが困難だった車種にも、車種別専用パネルを使用せずに取り付けが可能となり、カーナビゲーション選びの幅が広がります。さらに、フローティング構造によりディスプレイとドライバーの距離が縮まることで、視認性や操作性が向上します。また、ディスプレイ部にはアルミ素材を使用したフレームを採用し、インテリア性の高いデザインに仕上げるとともに、ナビ・AV機能ではブルーレイディスクプレーヤーを搭載しています。当社は、「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」という新たな発想で、大画面カーナビゲーションの可能性を広げ、より多くのユーザーに快適なカーライフを提供して参ります。

車種別専用パネルを使用せず、9V型大画面カーナビゲーションが幅広い(144車種)車種に装着可能。市販唯一、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載。映画ソフトや録画番組が迫力ある映像で楽しめる。ディスプレイ部がコンソールから飛び出す新コンセプト「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」を採用。

「Android Auto™」に対応。話題の「Android Auto™」により、お手持ちのスマートフォンの音楽やアプリが車内で楽しめます。※2016年3月29日現在、Android Autoは日本ではサービス開始されていません。

パナソニックニュースリリース

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/03/jn160329-2/jn160329-2.html

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-カーナビ