トヨタ 新型 ピクシス ジョイ 新型軽自動車 2016年8月31日発売

トヨタ

トヨタは新型軽自動車、ピクシス ジョイを2016年8月31日発売した。全国のトヨタカローラ店74社、ネッツ店105社および、軽自動車比率の高い地域で取扱希望のあったトヨタ店15社、トヨペット店16社を含む販売店210社を通じて販売する。なお、この新型ピクシス ジョイは2015年9月9日に発売したダイハツ新型キャスト (CAST)のOEM供給車である。

2WDモデル 価格:122万400円~162万円

4WDモデル  ピクシス ジョイC 価格:12万9600円高

ピクシス ジョイF ピクシス ジョイS 価格: 12万4200円高

新型 ピクシス ジョイについて

ニュースリリースより
主な特徴

ピクシス ジョイC

樹脂のガーニッシュ(フロント/リヤ)や大径タイヤ(165/60R15タイヤ)を採用するなど、クロスオーバーを感じさせるエクステリアを追求最低地上高を180mm(ピクシス ジョイF・ピクシス ジョイS比+30mm)とし、雪道や山道での走破性を確保

ピクシス ジョイF

バンパーモール(フロント/リヤ)やサイドロッカーモールなど随所に
メッキ加飾を施すことで、洗練されたエクステリアを演出。シート表皮には滑らかな触り心地のスエード調フルファブリックを採用し、上質な乗り心地に寄与

ピクシス ジョイS

バンパー(フロント/リヤ)など専用エアロパーツの採用に加え、
内外装の随所に赤色のアクセントを施すことで、スポーティさを強調
スポーティサスペンション(2WD車)やMOMO製革巻ステアリングホイール
(7速マニュアルモード/パドルシフト付)などを採用し、よりスポーティな走りを追求

生産工場

ダイハツ九州(株) 大分(中津)工場

新型 ピクシス ジョイ 装備について

後方誤発進抑制制御機能を衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載。クルマの後方に壁などの障害物がある場合に、Rレンジでアクセルペダルを強く踏んだ際、ブザーとメーター内のマルチインフォメーションディスプレイでドライバーに警告を行いエンジン出力を約8秒間に渡って抑制する機能になる。

Bi-Angle LEDヘッドランプ

(オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)1灯の光源でハイビームとロービームの切替が可能。

新型 ピクシス ジョイ カラー全8色

ホワイトパールⅢ

スプラッシュブルーメタリック

トニコオレンジメタリック

ディーブブルークリスタルマイカ

ブラックマイカメタリック

ファイアークォーツレッドメタリック

シャイニングレッド

フレッシュグリーンメタリック

ツートンカラー 2色

ブラック

ホワイト

新型 ピクシス ジョイ

全長 3,395mm

全幅 1,475mm

全高 1,665mm

ホイールベース 2,400mm

エンジン 直3DOHC 660cc

最高出力 52ps/6800rpm

最大トルク 6.1kgm/5200rpm

JC08モード燃費:30km/L

PIXIS JOY_011

PIXIS JOY_012

PIXIS JOY_017

PIXIS JOY_016

PIXIS JOY_013

PIXIS JOY_014

PIXIS JOY_015

PIXIS JOY_018

PIXIS JOY_019

PIXIS JOY_020

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/13331825/

ピクシス ジョイ

https://toyota.jp/pixisjoy/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019