クライスラー

クライスラーの過去から2021年に登場する新型車、フルモデルチェンジやマイナーチェンジするモデルの最新情報記事をまとめています。

クライスラー

2020/6/1

クライスラー 日本国内販売終了へ 2018年にも、売り上げ不振により フォードに続き

クライスラーは2018年にも日本国内での販売を終了する方向で検討していることがわかった。国内販売台数は、1996年にピーク時に1万7404台だったが、2016年に約60分の1の283台であった。フォードも販売不振により日本撤退を2016年末までに国内にある52の店舗をすべて閉鎖し、フォードとリンカーン車の販売や輸入を停止している。クライスラーもフォードも言えることだが、日本国内には合わないボディサイズや排気量の大きいモデルが多いことが大きな要因ではないかと思われる。普通に購入ができなくなるのは非常に残念で ...

Dodge Challenger Demon

クライスラー

2020/5/24

クライスラー ダッチ 新型 チャレンジャー SRT Demon ギネス記録 89cmのウィリー走行 0-400m 9.65秒 発表

クライスラーのダッジ新型チャレンジャーのハイパフォーマンスモデル、チャレンジャー SRT Demonを公開した。2017年8月頃から生産を開始。アメリカ向けに3000台 カナダ向けに300台を販売予定。量産車として最長となる89cmのウィリー走行を記録。ギネス記録に認定された。2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にてチャレンジャー SRT デーモンを公開した。 チャレンジャー SRT Demonについて ダッチのチャレンジャーに設定する限定ハイパフォーマンスモデルである。通 ...

Chrysler Portal Concept

クライスラー

2020/5/19

クライスラー 新型コンセプトカー「ポータル コンセプト」自動運転機能を採用したEV車 CES 2017 世界初公開

クライスラーは新しいコンセプトカーを「2017 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で自動運転機能を採用したEV車「クライスラー ポータル コンセプト(Chrysler Portal Concept)」披露した。 ポータル コンセプトについて 電気自動車 乗車定員:6名 航続距離:フル充電250マイル以上 レベル3の自律走行モードを可能 必要に応じてレベル4の自律走行にアップグレードするように設計 ソース https://www.automobilemag.co ...

クライスラー

2020/5/9

フィアット クライスラー (FCA) パシフィカ ハイブリッド グーグルと自動運転車で提携 実験車を開発

米国のIT大手のGoogleはフィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles(FCA))と、自律走行車の分野での技術提携を行うことを発表した。 パシフィカ ハイブリッド グーグルと自動運転車で提携 今回結ばれた提携ではフィアット・クライスラーは約100台のミニバン・ハイブリッドのパシフィカ ハイブリッドをミシガン州の施設で開発を行うエンジニアリングチームに提供するとのこと。既にカリフォルニア州やテキサス州、ワシントン州、アリゾナ州の公道で実証実験を行う段階ま ...

クライスラー

2020/5/1

クライスラー 新型 ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット パワフル4ドアセダン 正式発表

クライスラーは新型「ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット」を正式に発表した。 新型 ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット FR の4ドアスポーツセダン 「ダッジチャージャー」 ハイエンドバージョンとして新たに設定するハイパフォーマンスモデルである。「世界で最も強力なセダン」というネーミングが付けられたこの車は、先に発表されている「ダッジチャジャー」と同じ排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャー搭載で最高出力707hpのを搭載している。新デザインのフロントバンパーがとても印象的だ。 LED ...

© 2021 最新自動車情報