ガーミン 新型 ドライブレコーダー「Dash Cam 47Z」 2021年8月7日発売

ガーミンジャパンは、ドライブレコーダー新型「Dash Cam 47Z」「Garmin DASH CAM Mini 2」を2021年8月7日から発売した。

目次

「Garmin DASH CAM」シリーズ

事故現場で映像をスマートフォンアプリで確認できるWi-Fi搭載で好評「Garmin DASH CAM」シリーズ
「Garmin DASH CAM」シリーズは、走行中に前後方向を同時に記録できるドライブレコーダー。Wi-Fi搭載により、撮影した精細な映像データをGarmin独自のアプリ「Garmin Drive」経由で、スマートフォンなどお手持ちのモバイルデバイスに転送可能です。不意の事故現場ですぐに映像を確認できるだけでなく、簡単に転送、編集などを行うことができる。

Dash Cam 47Z

『Garmin DASH CAM 47Z』(前後カメラセットタイプ)はバックミラーに隠れるくらいのコンパクトサイズで、重さ60gという軽量。フロントの視界を遮らないので、ストレスフリーな運転ができる。撮影はHDR搭載でハードスペックや記録解像度に頼らない高い画像処理を実現。逆光、夜間など様々な場面で、精彩な映像を実現。画像処理技術は道路や車のナンバーの映像撮影にフォーカス。事故遭遇時、証拠映像としての価値を追求し、さらに逆光でも青空を精彩に映すなど、ドライブの思い出映像としてもお楽しみいただける技術を施している。

クラウドへの自動アップロード

クラウドへの自動アップロード、駐車監視機能強化、ライブビューなど多彩な機能を搭載しさらに進化Wi-Fi搭載による映像転送機能に加え、新たな記録媒体として、プライバシー保護を施したGarminクラウドへの自動アップロード機能「Garmin Vault」を新たに追加。

クラウド上で確認・編集・共有が可能です。保存期間は、24時間保存の場合は無料ですが、サブスクリプションサービスを導入し、最大30日間の保存が可能。

駐車監視機能強化

駐車中の事故をGセンサーで感知し、即座に記録映像を撮影する駐車監視機能※もアップデート(「パーキングガード」)。外部の利用可能なWi-Fiを接続することで、ビデオクリップ付き通知を登録されたユーザーアドレスに自動送信する機能を追加し、駐車時の事故も即座に対応。

ライブビューなど多彩な機能を搭載

「Garmin Drive」アプリを使用すれば、どこにいてもライブビューにアクセス可能な「Live View」機能も追加。愛車の事故に対し、より早く、より確実に対応できるような様々なサポート機能を搭載。(別売りのコンスタントパワーケーブルもしくはパーキングモードケーブルが必要。)

もちろん、精密なGPS測位技術を持つGarminならではの正確さで、前方車両発進、速度取締機、前方衝突、車線逸脱などを検知し、音声で知らせる走行支援機能も搭載。音声による操作もできるので、ひとりで運転時でも、簡単に録画・キャプチャ指示が可能。

Garmin Japan
Garmin Dash Cam 47Z | 車載用製品 | 製品 | Garmin | Japan | Home Garmin Dash Cam 47Z は音声制御が可能なコンパクトなドライブレコーダーです。140度の広い視野角を備え、1080pの高画質な映像でで重要な瞬間を記録します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる