メルセデス・ベンツ 新型 Cクラス オールテレイン 2021年8月18日発表

メルセデス・ベンツは新型クロスオーバーモデル「Cクラスオールテレイン」を2021年9月6日~12日開催「フランクフルトモーターショー(IAA MOBILITY)2021」で世界初公開すると2021年8月18日(現地時間)発表した。

目次

新型 Cクラス オールテレイン

Cクラスオールテレーンを通常のCクラスエステートと違い、たとえば、1.5インチ(40 mm)の追加の最低地上高を提供し、独自のフロントグリル、フロントとリアのスキッドプレート、フレアホイールアーチが装備。新しいボディパーツは、オールテレーンがエステートよりもわずかに大きく、0.15インチ(4 mm)長く伸び、0.8インチ(21 mm)広い。

オールテレイン用に17〜19インチのホイールデザインのユニークな配列を開発。すべてのモデルは、Avantgargeのエクステリアトリムレベルに基づいているため、さまざまな磨かれたアルミニウムのアクセントが特徴。リアサイドウィンドウのBピラーとバーのトリムは光沢のある黒で仕上げられており、顧客が望む場合は、より光沢のある黒のアクセントを追加するナイトパッケージを指定することもでる。

メルセデスベンツはわずかに大きいステアリングナックルを備えた4リンクフロントサスペンションを取り付けました。この車は、2つの新しいダイナミックセレクト運転モードも備え。ヒルディセントコントロール、またはメルセデスが呼んでいるダウンヒルスピードレギュレーションを備えたオフロードおよびオフロード+。

車はまた、けん引でより信頼できるように変更。たとえば、オプションのエクストラとして、部分的に電動のトレーラーヒッチと旋回式ボールヘッドおよびESPトレーラー安定化システムをオプションで選択。低速操作を支援するために、最大3.1 mph(5 km / h)の速度で牽引車両のステアリング角度を自動的に調整するトレーラー操作アシスタントも利用できます。最大1,800kg(3,968ポンド)まで牽引。

Cクラス全地形モデルに標準装備、4MATIC全輪駆動システム、最大45%の動力を前輪に、55%を後車軸に送る。エンジンに関しては、この車には、スタータージェネレーターが統合された2.0L 4気筒 エンジンと、スタータージェネレーターと48ボルトの電気システムが統合された2.0L 4気筒ディーゼルが搭載されている。

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 Cクラス フルモデルチェンジ 7年ぶり 日本モデル 2021年6月29日発表 メルセデス・ベンツは新型「Cクラス」の7年ぶりのフルモデルチェンジを行い日本モデルを2021年6月29日発表した。2021年7月下旬から C 200 およびC 220 d 各モデルの先行...
Carscoops
2022 Mercedes-Benz C-Class All Terrain Climbs Its Way Up To Munich | Carscoops The 2022 Mercedes-Benz C-Class All-Terrain has 1.5-inches of additional ground clearance.

メルセデス・ベンツ

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ日本 オフィシャルサイト メルセデス・ベンツ 公式サイト。メルセデス各車種の動画映像やカタログ詳細情報、正規販売店・サーティファイドカー(認定中古車)の検索、試乗車検索・試乗リクエスト・...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる