ホンダ 世界初 自動運転レベル3の型式指定

AUTOMATED DRIVE ホンダ

ホンダは自動運転車(レベル3)に求められる国土交通省の型式指定を取得。高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能。今回認可を取得した自動運行装置(Traffic Jam Pilot「トラフィック・ジャム・パイロット」)を搭載した「LEGEND(レジェンド)」を2020年度内に発売する。

自動運行装置の保安基準

1.性能

・走行環境条件内において、乗車人員及び他の交通の安全を妨げるおそれがないこと

・走行環境条件外で、作動しないこと

・走行環境条件を外れる前に運転操作引継ぎの警報を発し、運転者に引き継がれるまでの安全運行を継続するとともに、引き継がれない場合は安全に停止すること

・運転者の状況監視のためのドライバーモニタリングを搭載すること

・不正アクセス防止等のためのサイバーセキュリティ確保の方策を講じること 等

2.作動状態記録装置

・自動運行装置のON/OFFの時刻

・引継ぎ警報を開始した時刻

・運転者が対応可能でない状態となった時刻等を6ヶ月間にわたり(又は2500回分)記録できること

自動運行装置を備える自動車の外向け表示について

・自動運転車であることを示すステッカーを車体後部に貼付 (メーカーに要請)

自動運転車の定義

自動運転車のレベルは5段階に設定されており、レベル2まではドライバーが基本的な操作を行うがレベル3からはシステムがドライバーに代わって操作を行うことが大きな違いとなる。

自動運転車 レベル1

運転支援、自動ブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンキープアシストなど

自動運転車 レベル2

高度な運転支援、レーンキープアシストにアクティブクルーズコントロールが可能で遅い車がいる場合にウィンカー等で操作で自動で追い越しを行う。高速道路の合流を自動で行う。

自動運転車 レベル3

高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能。

自動運転車 レベル4

特定条件下においてシステムがドライバーに代わって運転操作を行う。(作動継続が困難な場合もシステムが対応)

自動運転車 レベル5

完全自動運転。

ホンダ 新型 レジェンド マイナーチェンジ Traffic Jam Pilot 自動運転レベル3搭載 2021年2月発売
ホンダは新型「レジェンド」のマイナーチェンジを行い2021年2月に発売する。 新型 レジェンド マイナーチェンジについて 新型「レジェンド」では量産車両で世界初となる「自動運行装置(Traffic Jam Pilot「トラフィック・ジャ...

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2020/4201111.html

国土交通省

https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003888.html

https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001371534.pdf

https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001371533.pdf

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020