ヒュンダイ 新型 ソナタ ハイブリッド 8代目 2020年発売

ヒュンダイ

ヒュンダイは「ソナタ」のフルモデルチェンジを行い2019年から販売を開始、更に新型「ソナタ」にハイブリッドモデルをラインナップして2020年春に発売する。2020年2月8日から17日までアメリカのシカゴで開催される「シカゴモーターショー2020」にて新型「ソナタ ハイブリッド」を初出展すると発表した。

新型 ソナタ ハイブリッド

ソナタハイブリッドは、走行距離686マイル(1,104 km)、ベースブルートリムのEPA推定52 mpg(4.5 l / 100 km)の燃費評価を誇ります。

現代のホーム市場で販売されているモデルと同じように、米国仕様のソナタハイブリッドは、定格150 HPおよびトルク139 lb-ft(188 Nm)のSmartstream G2.0 GDi HEVエンジンと、39 kW(52 HP)の電気モーターを組み合わせています。 )および151 lb-ft(205 Nm)のトルク。

合計システム出力は192 HPであり、2020トヨタカムリハイブリッドおよび2020ホンダアコードハイブリッドよりも約20馬力ほどソナタハイブリッドの能力が低くなります。6速ハイブリッド自動変速機と高電圧バッテリーパック(容量は不特定)もパッケージの一部です。

ヒュンダイによると、EPAが推定する燃費の評価は、ベースブルートリムの50 mpg(4.7 l / 100 km)都市、54 mpg(4.3 l / 100 km)高速道路、52 mpg(4.5 l / 100 km)です。

2020 Sonata Hybridの技術のハイライトには、世界初のアクティブシフトコントロール(ASC)テクノロジーとソーラールーフシステム(SRS)が含まれます。ASCは、ギアシフトを毎秒500回監視して、変速機の回転速度を正確に調整し、変速時間を短縮します。

新しい制御ロジックソフトウェアをハイブリッドコントロールユニット(HCU)に適用することにより、システムは電気モーターをエンジンとトランスミッションの回転速度に合わせて、ギアシフトを30%削減します。これは、パフォーマンスと燃費の両方にプラスの効果があると言われています。

また、12ボルトおよびハイブリッドバッテリーを直接充電し、205ワットの電気を出力するソーラールーフシステムも燃料効率に有利です。ヒュンダイは、屋根が1日あたり約2マイル(3.2 km)範囲を拡大し、車がオフのときにインフォテインメントまたはHVACシステムからのバッテリー放電を防ぐのに役立つと言います。

他のすべては通常の2020 Sonataとほとんど同じですが、ハイブリッドモデルにはいくつかのユニークなエアロ微調整があります。これらには、フロントバンパーリップ、両車軸のホイールデフレクター、グリルの後ろのアクティブエアフラップ、再設計されたリアスポイラーなどがあり、これらすべてが0.24の抵抗係数に寄与しています。エンジンベイ、センターフロア、リアセクションのアンダーカバーも同じ目的を果たします。

ヒュンダイ 新型 ソナタ 8代目 フルモデルチェンジ 2019年3月24日発売開始

ヒュンダイ 新型 ソナタ 8代目 フルモデルチェンジ 2019年3月24日発売開始
ヒュンダイは「ソナタ」のフルモデルチェンジを行い韓国にて2019年3月24日発売開始した。米国では2019年11月より販売を開始する。 新型 ソナタ フルモデルチェンジ 低重心化した「第3世代プラットフォーム」を新採用。超高...

ソース

https://www.carscoops.com/2019/11/2020-hyundai-sonata-is-a-lot-of-midsize-sedan-for-24300/

ソナタ

https://www.hyundai.com/kr/ko/vehicles/sonata/19fc/highlights.html

ヒュンダイ

https://www.hyundai.com/kr/ko

ヒュンダイ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020