フォード 新型マスタング マッハE EVクロスオーバ 発表

フォード

フォードは新型「マスタング マッハE」を2020年に発売する。2019年11月22日(現地時間)から開催させるロサンゼルスモーターショー2019にて「マスタング」シリーズの新型EV「マスタング・マッハE(Mustang Mach-E)」世界初公開した。日本発売はない。

新型マスタング マッハE

エクステリア

「マスタング」と言われるSUVモデルの新型「マスタング マッハE」はエクステリアのデザインを今までの「マスタング」と大幅にデザインを変え、更にEVモデルとしている。大きな排気量のエンジンを積んだイメージのある「マスタング」からクリーンなEVモデルとなった「マスタング マッハE」はこの形を選んだ。海外ではこの名前について賛否両論の様である。

インテリア

インテリアには15.5インチディスプレイを中心としたコクピットを採用。テスラのEV同様の大型ディスプレイを採用したことである意味でEV車であることを全面的にイメージさせている。

スマートフォンをキーの代わりにすることが可能でスマートフォンのバッテリーが切れても、タッチディスプレイからキーコードを入力することでシステムを起動できる。

電気モーター

「マスタング・マッハE(Mustang Mach-E)」は通常グレードのモーター性能には最大出力は332hp、最大トルクは57.6kgmを引き出すモーターを採用。パフォーマンスバージョンとなる「GT」にはモーターの性能、最大出力459hp、最大トルク84.6kgm に引き上げたパフォーマンスバージョンを設定。

WLTPサイクルで最大600 km(370マイル以上)の目標範囲を持ち、バッテリーは高速充電をサポート、IONITYステーションで150 kWの充電を10分間行うことで、最大93 km(57マイル)の走行が可能である。

フォード 新型 マスタング マッハE 電気自動車 商標登録を申請中

フォード 新型 マスタング マッハE 電気自動車 商標登録を申請中
フォードは電気自動車「マスタング マッハE」を2020年頃の発売を目指している。 新型 マスタング マッハEについて フォードは欧州連合知的所有権庁に「Mustang Mach-E」名称を「自動車用陸上車両(スクーターを除く)」に商標登...

ソース

https://www.carscoops.com/2020/02/euro-spec-ford-mustang-mach-e-electric-crossover-unveiled-with-600-km-range/

https://www.carscoops.com/2019/12/ford-reportedly-working-on-a-baby-mustang-mach-e-based-on-vws-meb-platform/

フォード
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2020