MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日発表

ランボルギーニは新型「ウラカン」をベースにした新モデル「ウラカン EVO STO」を2020年11月18日(現地時間)世界初公開した。

目次

新型 ウラカン EVO STO

新型「ウラカン EVO」の派生製品として後輪駆動モデル「Huracan (ウラカン )EVO Rear-Wheel Drive(RWD)」やオープンモデル「ウラカンペルフォマンテ・スパイダー」を追加している。

ウラカン GT3Evoレーサーのような換気されたフードを持っていることを示唆。更にリアウィングが特徴的である。後輪駆動とカーボンパーツにより軽量化。

「ウラカン EVO」と同様にアウディ製、5.2Lの自然吸気V10気筒から供給される最高出力631HP(640 PS)最大トルク、565 Nm(417 lb-ft)を生成する。トランスミッションには7速デュアルクラッチを組み合わせる。3秒フラットで0-62 mph(100 km / h)、9秒フラットで0-124 mph(200 km / h)、最高速度192 mph(310 km / h)。

新型 ウラカン EVO STO エクステリア

美しくバランスの取れた、軽量で空力的に優れたスーパースポーツカーのすべての興奮をもたらし、スーパートロフェオのドライビングフィールと爽快感を反映し、世界で最も要求の厳しいトラックに完全にセットアップされている、道路用に作成。スーパートロフェオとGT3プログラムの両方から得られた広範な技術ソリューションとインテリジェンスは、HuracánSTOで洗練され、具体化。これにより、パイロットは、道路に合法的なランボルギーニスーパースポーツカーでレーシングドライバーの感情を毎日体験できる。ラップレコードを取りなさい」とランボルギーニCTO、マウリツィオ・レッジャーニは語った。

Huracan STOは、後輪駆動車に最適なエアロバランスを備えたクラス最高レベルのダウンフォースを達成すると言われています。ランボルギーニの言葉であり、私たちの言葉ではありません。フラカンパフォーマンテと比較して、この新しいバリアントは、37%優れたエアフロー効率と、53%高いダウンフォースを備えています。さらに、全体の重量はわずか1,339 kg(2,952ポンド)です。

さらに、ホイールトラックの増加、サスペンションの剛性の向上、ペダルからスロットルへのより直接的な感触、ギアチェンジの高速化、ステアリングのシャープ化(後輪ステアリングも実現)、高回転でのエンジンサウンドのシャープネスの向上が実現。

ランボルギーニは「STO」「トロフェオ」「ピオッジャ」のANIMAシステムに3つの新しい運転モードを追加。STOモードは路上での運転用であり、Trofeoは速いラップタイムに必要なすべてのパフォーマンスを提供することに重点を置いています。Pioggiaはもちろん「雨」を意味するので、トラクションコントロールシステム、トルクベクタリング、ABSを最適化して、濡れたアスファルトに対処。

新型 ウラカン EVO STO インテリア

インテリアに関しては、スポーツシート(フルカーボンファイバー)、ランボルギーニのカーボンスキンを使用したアルカンターラ張り、カーボンファイバーフロアマットとドアパネル(ドアラッチ付き)、4点式シートベルトなど、キャビン全体でカーボンファイバーが幅広く使用されています。。ヘルメット収納用に新しくデザインされたフランクもあります。

ゲージクラスターを見ると、新しいグラフィックと完全に接続されたテレメトリシステムが表示され、トラックでのパフォーマンスを監視および記録できる。

ランボルギーニのAdPersonamプログラムを通じて、将来のHuracan STO所有者は、無制限のペイントとトリムの組み合わせ、およびレーススタイルのビニールを使用して車をパーソナライズできるようになります。BluLaufeyとArancioCaliforniaのカラーリングはほんの2つの例。

新型 ウラカン EVO STO 価格

ランボルギーニウラカンSTOは、2021年春、米国で327,838ドル(税抜き)、ヨーロッパで249,412ユーロ(税抜き)、英国で216,677ポンド(税抜き)、3,900,000人民元(税抜き)でお届けします。中国では37,500,000円(税込)、日本では37,500,000円(税込)。

ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日 世界初公開

あわせて読みたい
ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日 世界初公開 ランボルギーニは新型「ウラカン」をベースにした新モデル「ウラカン EVO STO」を2020年11月18日(現地時間)世界初公開する。 【新型 ウラカン EVO STO】 新型「ウラカ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる