ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO RWD 後輪駆動 2020年発売

Lamborghini Huracan EVO RWD ランボルギーニ

ランボルギーニは新型「ウラカン EVO」の派生製品として後輪駆動モデル「Huracan (ウラカン )EVO Rear-Wheel Drive(RWD)」を2020年1月4日(現地時間)に正式発表した。

新型 ウラカン EVO RWD

全輪駆動「ウラカン EVO」と同様にアウディ製、5.2Lの自然吸気V10気筒から供給される最高出力602HP(610PS / 449kW)最大トルク560Nm(413 lb-ft)/6,500rpmを生成する。トランスミッションには7速デュアルクラッチを組み合わせる。前後の重量配分は40:60。乾燥重量はAWD車の1,422 kg、RWDモデルの重量は1,389キログラムで33 kg減った。0-100km/h加速は3.3秒、最高速は325km/hとなる。

ランボルギーニは、ウラカン EVO AWDよりも低速ですが、RWD車は、ドライとウェットの両方の条件で、より楽しいドライブ体験を提供するように設計されていると言いう。後輪駆動EVO用に特別に調整された新しいパフォーマンストラクションコントロールシステム(P-TCS)によって達成されており、ドリフトや横滑りに続いて車が再調整されている場合でもトルクを供給する。

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

Lamborghini Huracan EVO RWD

新型 ウラカン EVO RWD スペック

スペック ウラカン EVO RWD
全長 4,520mm
全幅 1,933mm
全高 1,165mm
ホイールベース 2,620mm
エンジン 5.2L V10気筒エンジン
最高出力 449 kW(610ps)/
8,000rpm
最大トルク 560Nm/
6,500rpm
トランスミッション 7速デュアルクラッチ
駆動方式 RWD
乾燥重量 1,389kg
0-100km/h加速 3.3秒
最高速 325km/h
JC08モード燃費
価格

ソース

https://www.carscoops.com/2020/01/new-lamborghini-huracan-evo-rwd-brings-back-the-driving-fun/

ランボルギーニ ウラカン EVO RWD

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/huracan/huracan-evo-rwd

ランボルギーニ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020