トヨタ

トヨタランドクルーザー 1951年に販売が開始されて累計1,000万台突破

landcruser 70

トヨタは「ランドクルーザー」シリーズ(ランドクルーザー プラドやレクサスブランド、LX及びGXを含めた)のグローバル累計販売台数が2019年8月31日の時点で1,000万台を超えた事を2019年9月20日に発表した。

ランドクルーザーについて

世界的に著名なクロスカントリー車であり、その耐久性は世界中で高い評価を受けている。「ランドクルーザー」という車名は1954年6月より使用されており、現在では、一つの車名で継続生産されている日本製の自動車としては65年を超える最も長い歴史を持つ。ちなみに「クラウン」は1955年1月。年間世界販売台数1位の「カローラ」は1966年11月である。

戦時中、トヨタによって少数が生産された日本陸軍・四式小型貨物車こと「AK10型」四輪駆動車は、フィリピンで鹵獲された通称「バンタム・ジープ」をコピーして設計された。トヨタ・ジープBJ型として開発され、1951年に試作車が完成した。

1954年6月、「ジープ」という名称が米国ウィリス・オーバーランド社の商標権に抵触するため「ランドクルーザー」と改名された。

1955年11月、ランドクルーザーは初めてのモデルチェンジを受け、20系となり本格的な輸出を開始。

現在、約170の国と地域で販売、年間グローバル販売台数は約40万台。信頼性や耐久性が高く評価されている。

landcruiser

ランドクルーザー

トヨタ 新型 ランドクルーザー200 マイナーチェンジ「Toyota Safety Sense P」を初採用 2015年8月17日発売

LX

レクサス LX

レクサス 新型 LEXUS LX570 マイナーチェンジ (一部改良) 5人乗りモデル追加 2017年8月3日発売

Toyota Land Cruiser Prado

ランドクルーザー プラド

トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense P 標準搭載 2017年9月12日発売

レクサス GX

レクサス GX

レクサス 新型 GX460 マイナーチェンジ フェイス変更 2019年6月18日発表

トヨタ 特別サイト

https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/features/landcruiser/

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/29534034.html

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-トヨタ