軽自動車税 10,800円に増税 4月以降の新車に限って増税

URLをコピーする
URLをコピーしました!

自民、公明両党は2013年11日、軽自動車を持つ人が毎年自治体に納める「軽自動車税」について、2015年4月以降に買う新車(自家用四輪)を対象に、旧型の1.5倍となる10,800円に増税することで合意した。今の保有車は年7,200円で据え置く。

目次

軽自動車税 10,800円に増税

同じ軽自動車税がかかっている原付きバイク(50cc以下)は、今の1千円から2千円に、250ccを超える小型二輪車は4千円から6千円に上がる。農家などが使う営業用軽トラックは3千円から3,800円になる。

2016年度からは、新車登録から13年以上を過ぎた車に20%高い税金がかかる仕組みも取り入れる。自家用四輪なら1万2900円になる。古い車から燃費の良いエコカーへの買い替えを促すねらいだ。

軽自動車税は、普通車の最も低い自動車税額(1000cc以下で2万9500円)の4分の1以下と安く、普通車との格差是正が長年の懸案になっていた。

朝日新聞社

あわせて読みたい

テレビ朝日

テレ朝news
軽自動車の増税反対を決議 自民自動車議員連盟  来年度の税制改正に向けた与党内の議論が大詰めを迎えるなか、自民党の自動車議員連盟は、政府が検討している軽自動車税の増税に反対する決議を採択しました。  自民党...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる