スバル 新型 WRX S4 2014年8月25日発売予定 2.0L直噴ターボ イメージ動画 334万円〜

スバル

2014年8月25日にインプレッサ新型WRX S4が投入される予定だ。

新型 WRX S4 について

車名の「S4」には、上記4つの価値を表す「Sports performance」「Safety performance」「Smart driving」「Sophisticated feel」の意味を込めているそうだ。2014年スバルは、今回紹介するWRX以外にも新型WRXワゴン、新型レガシィなど続々と新型投入をする予定だ。

まず、新型インプレッサのWRX S4が2.0L直噴ターボ/300psSTIが2.0Lターボ/308psとなる。フロントバンパーは共に共通でとてもいい顔をしている。お気づきの方もいるだろうが6月に発売となったレヴォーグと同じ顔つきである。ノーマルWRX S4でも300psなので十分かと思われる。

そして、日本では新型レヴォーグに搭載されている、アイサイトVer.3を搭載する。

発売価格は334万8千円〜356万4千円(税抜き)と確定した。

wrx_05.jpg

wrx_06.jpg

wrx07.jpg

wrx_09.jpg

wrx_08.jpg

wrx_10.jpg

wrx_11.jpg

11月20日に米国仕様が発表となった、新型WRXは、『インプレッサ』の4ドアセダン、『インプレッサG4』のボディがベース。専用デザインのグリルやヘッドライト、バンパー、サイドスカート、ボンネットのエアスクープなどが、高性能モデルの証。拡幅されたフェンダー内には、235/45 R17サイズの大径タイヤが装着される。

最高出力268HP/5600rpm、最大トルク258lb-ft/2000-5200rpmを発生する水平対向4気筒 2.0リッター直噴ターボを搭載。ハイパワーと環境性能を両立させたという。

組み合わされるトランスミッションは、6速MTとスポーツリニアトロニックCVT。いずれも4輪を駆動する「シンメトリカルAWD」。6速MTが2.0リッター直噴ターボと組み合わされるのは初となり、リニアトロニックCVTではSI-DRIVEのS#モードにおいて、8段ステップのマニュアル変速モードを用意する。

ボディーサイズは、4595×1795×1475mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2650mmでタイヤサイズは235/45 R17。

新型WRX STI と新型WRX比較

スペック 新型WRX STI 新型WRX S4
全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,475mm
エンジン EJ20 水平対向 2.0L 直噴ターボ FA20 水平対向 2.0L DIT直噴ターボ
 最高出力 308ps/6400rpm 300ps/5600rpm
 最大トルク 43.0kgm/4400rpm  40.8kgm/4800rpm
 トランスミッション 6MT リアトロニックCVT
 JC08モード燃費 9.4km/L 13.2km/L
価格 380~412万円 334万8千円〜

「WRX S4」開発者インタビュー

コンセプト動画

Subaru Global TV

ロサンゼルスモーターショー13でワールドプレミアした新型『WRX』

新型 インプレッサG4ベース WRX STIが2015年発売!!

WRX S4

https://www.subaru.jp/

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました