MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

レクサス 新型 LEXUS LS500 F SPORT フルモデルチェンジモデルに追加 2017年10月19日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。

レクサスは新型のLSシリーズのフルモデルチェンジを行い2017年10月19日発売した。スポーツモデルのLEXUS LS500 F SPORTもラインナップされる。2017年4月14日に開催されるニューヨークモーターショー2017にてLEXUS LS500F SPORTを初公開した。第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて日本でのLEXUS LS Fシリーズを正式発表する。

目次

LEXUS LS500 LS500h について

新しいLEXUSプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用し完全刷新する。高い空力性能を実現するなど、旧型モデルから大幅な進化を果たす。またボディのねじり剛性が先代モデル比でかなり向上している。新開発GA-Lプラットフォームにより、低く構えたスタイリングを実現する。

スペック 新型LS
エンジン形式 LS500 LS500h
全長 5,235mm
全幅 1,900mm
全高 1,450mm(2WD)
1,460mm(4WD)
ホイールベース 3,125mm
エンジン 新開発V型6気筒
3.5Lツインターボエンジン
V型6気筒 3.5Lエンジン
+モーター
最高出力 421ps/5,200~6,000rpm 299ps(220kW)/6,600rpm
最大トルク 61kgm/1,600~4,800rpm 348Nm/4,900rpm
モーター最高出力 132kW (180ps)
モーター最大トルク 300 Nm(30.6kgm)
トータル最高出力 358ps(264kw)
トランスミッション 10速AT
(Direct Shift-10AT)
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD(FR)/4WD 2WD(FR)/4WD(E-Four)
JC08モード燃費 10.2km/L(2WD)
9.5〜9.8km/L(4WD)
15.0〜15.8km/L(2WD)
14.0km/L(4WD)
WLTCモード燃費 -km/L(2WD)
-km/L(4WD)
13.6km/L(2WD)
12.6km/L(4WD)
価格 1,353,000円~
1,611,500円
1,606,000円~
1,732,500円

新型LS500hは新型LC500h同様に「マルチステージハイブリッドシステム」を採用。旧型よりも優れた燃費のハイブリッドモデルV6DOHC 3.5L+モーターも登場する!!予防安全パッケージLexus Safety System +自動操舵で衝突回避支援するプリクラッシュセーフティを世界で初めて採用。新しいLEXUSインフォテイメントシステム(ジェスチャーコントロールなどを備えた)予防安全パッケージLexus Safety System +に更に半自律走行機能など、車両への追突、対歩行者、走路逸脱、交差点(出会い頭衝突)という、深刻な事故につながる4つの事故形態をカバーした最先端の安全運転支援システムを採用する。

LEXUS LS500Fについて

今回発表の“F SPORT”は、GA-Lプラットフォームの特性を活かした高い操縦安定性により、爽快なドライビングフィールを味わえるスポーティバージョンとして、LS500およびLS500hに設定する。

LS500 “F SPORT”は、GA-Lプラットフォームの特性を活かした高い操縦安定性に専用装備を組み合わせ、爽快なドライビングフィールを実現するスポーティバージョンとして、LS500およびLS500hに設定。エクステリアは、LSが特徴とする低重心かつ流麗なシルエットに、F SPORT独自の縦基調のメッシュを継承して発展させたスピンドルグリルなどの専用パーツを組み合わせ、スパルタンでありながら精緻に作りこまれたデザインとした。インテリアは、高いホールド性を実現する専用デザインのシートや、握る位置に合わせて断面形状を緻密に変化させた専用ステアリング、LFAの意匠を継承するメーターリングスライド機構を備えたTFT液晶メーターなど、スポーティなデザインと高い機能性を両立した。“F SPORT”ならではの走行性能を実現するため、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキや20インチランフラットタイヤ&ホイールを採用。VDIMは、VGRS、EPS、DRSを統合制御するレクサスダイナミックハンドリングシステム(LDH)に、アクティブスタビライザーやAVSを協調制御させることで、車両のロールや上下運動の制御を可能とした。これにより、フラットな車両姿勢と質感の高い乗り心地を実現。あらゆるシーンで優れたステアリングレスポンスと安心感を提供する。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/16231914/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次