メーカー・車種から調べたい方はこちらへ

アストンマーチン 新型 ヴァンキッシュ ザガート スピードスター / シューティングブレーク 公開

アストンマーティンとイタリアの老舗コーチビルダー、カロッツェリア「ザガート」は、コラボモデル「ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」「ヴァンキッシュ ザガート シューティング」を現地時間2017年8月16日に公開した。スピードスター 28台(顧客へ完売済み)シューティングブレーク 99台を生産を開始 2018年から納車をスタート。

目次

アストンマーチン 新型 ヴァンキッシュ ザガートについて

アストンマーティンは2016年5月20日「Aston Martin Vanquish Zagato Concept ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」を、イタリアで行なわれるヒストリックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で世界初公開した。

イタリアのコーチビルダー「ザガート」が、アストンマーティンとコラボ「ヴァンキッシュ」をベースに作成したコンセプトモデルだ。2016年6月22日新型ヴァンキッシュ ザガート クーペ(量産モデル)を99台限定で生産すると発表。

1960年の「DB4 GT ザガート」DB4 GT ザガートの50周年を記念して開発された2011年の「V12 ヴァンテージ ザガート」などがあるがザガートとのコラボレーションによって誕生した5台目のモデルである。

アストンマーティンとザガートのデザインチームがデザインを手がけ、ゲイドンのアストンマーティン本社で開発を行った。

アストンマーチン 新型 ヴァンキッシュ ザガート スピードスター / シューティングブレークについて

イタリアのコーチビルダー「ザガート」がアストンマーティン「ヴァンキッシュ」をベースに作成したモデルの新ボディタイプであり、スピードスター28台(顧客へ完売済み)シューティングブレーク99台を生産を開始し2018年から納車をスタートさせる。

新型ヴァンキッシュ ザガート 搭載エンジン

5.9L V型12気筒 エンジン

最高出力:592bhp

カーボンファイバー製ボディパネルを採用。

アストンマーチン 新型 ヴァンキッシュ ザガート スピードスター エクステリア

アストンマーチン 新型 ヴァンキッシュ ザガート スピードスター /インテリア

アストンマーチン 新型 ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク エクステリア

アストンマーチン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トップへ
目次
閉じる