ダイハツ 新型 タントエグゼ 軽の高級モデル 2015年11月発売

ダイハツは新型のタントエグゼを2009年12月24日から販売を開始。ベースとなるタントはシートアレンジや室内空間の確保のためにシートの座り心地を犠牲にしていたが、タントエグゼについては座り心地の良いシートに変更された、上級志向のモデル。

目次

新型 タント エグゼ

スライドドアを廃してヒンジドアを採用したことなどにより、タント比で60kgの軽量化がなされ、またエンジンのセッティングがタントから変更されたことにより、燃費性能が向上した。現在はムーヴとも競合することから販売目標を割り込み、2014年10月2日で販売が中止となっている。しかし、旧型タントが2013年10月にフルモデルチェンジをしそれにベースにしたタントエグゼを2015年11月頃に復活させようという計画がある様子だ。やはり、先代のタントエグゼ同様、タントに採用されているスライドドアを廃止しヒンジドアを採用。

軽量化、全高1,700mm越えにより同社のムーブとの差別化も出しながら居住性&高級感をだしていく様子だ。また、軽量化のおかげもありベースの旧型タントがJC08モード燃費28km/LであるがタントエグゼはJC08モード燃費30km/L以上になる。価格は120万~150万円となる。

新型 タントエグゼ 予想スペック

スペック新型タントエグゼ
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,730mm
ホイールベース2,490mm
エンジン直3 660cc
最大出力52ps/6,800rpm
最大トルク6.1kgm/5,200rpm
車両重量870kg〜1000kg以下
JC08モード燃費30km/L〜
価格120~150万円

情報が入り次第お伝え致します。

ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

キーワードから探す

3列シート (167) 5ナンバー (45) 86 (21) 2017年フルモデルチェンジ (40) 2019年 フルモデルチェンジ (123) 2020年 フルモデルチェンジ (180) 2021年 フルモデルチェンジ (134) 2022年 フルモデルチェンジ (191) 2023年 フルモデルチェンジ (130) 2024年 フルモデルチェンジ (22) C-HR (23) e-POWER (78) GR (60) LEXUS NX (32) MAZDA3 (22) N-BOX (29) RAV4 (52) TNGA (156) X-TRAIL (30) アウトドア (118) アクア (28) アルファード (21) インプレッサ (25) エコカー (30) オープンカー (65) カスタムパーツ (44) カローラ (53) クラウン (35) クロスオーバー SUV (1144) クーペ (26) コンセプトカー (98) コンパクトカー (286) シエンタ (20) シビック (46) スクープ (54) ステップワゴン (23) ステーションワゴン (90) スポーツカー (296) スライドドア (190) セダン (358) セレナ (25) ターボ (40) ティーザー (30) ディーゼル・クリーンディーゼル車 (68) ノア (21) ノート (33) ハイブリッド車 (471) ハッチバック (54) ハリアー (51) ビックマイナーチェンジ (23) ピックアップトラック (32) ファミリーカー (21) フィット (22) プラグインハイブリッド (131) プリウス (64) マイナーチェンジ (411) マイルドハイブリッド (136) ミニバン (131) ヤリス (44) レヴォーグ (26) ロードスター (24) ワンボックス/バン (30) ヴェゼル (25) ヴォクシー (30) 一部改良 (227) 日本未発売 (278) 東京オートサロン2020 (30) 東京オートサロン2023 (22) 東京モーターショー2019 (33) 燃料電池車 (20) 特別仕様車 (224) 軽自動車 (219) 限定モデル (48) 電気自動車 (341) 高級車 (276)

ゲームバナー
ゲームバナー
目次