ランボルギーニ 新型 シアン ロードスター ハイブリッド オープントップ 2020年7月8日初公開

ランボルギーニは新型「シアン ロードスター」を世界初公開した。限定19台のモデル。

目次

新型 シアン ロードスター

6.5L V型 12気筒エンジン+48Vモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載。最高出力577kW(785HP)/8,500rpm モーター最高出力34HPを発生する、システム最高出力602kW(819HP)。0-100km/h加速2.9秒未満、最高速350km/h以上。

ハイブリッドランボルギーニの最も革新的な部分は、同じサイズのリチウムイオンバッテリーより3倍強力、同じ電力のバッテリーより3倍軽いスーパーキャパシター。ランボルギーニは、スーパーコンデンサーと電気モーターを備えた電気システムの重量はわずか34 kgで、新しいSiánRoadsterの重量と出力の比率は2.0 kg / hpである。

ソース

carscoops

ランボルギーニ  ニュースリリース

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる