MENU
サイト内検索
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ロータス 新型 エミーラ V6 First Edition 日本 2021年10月29日発表

Lotus Emira

ロータスカーズは、新型「エミーラ(Emira)V6 First Edition」を2021年10月29日発表し受注を開始した。V6 First Editionの生産開始は来年の春以降を予定している。ロータスは、ハイブリッドおよび完全電動を発表しており最後のミッドシップエンジン車になる。

目次

ロータス 新型 エミーラ

新型「エミーラ」にはロータスによれば、その名前が不特定の古代言語で「リーダー」と訳されている、来たる電動ハイパーカーに明らかに触発されている。ボディサイズは全長4,412mm、全幅1,895mm 全高1225mm、ホイールベースは2,575mmとした。

インテリアにはAndroidAutoとAppleCarPlayを備えた適切な10.25インチのタッチスクリーンメディアシステムと大きなデジタルディスプレイにを採用する。

ロータス 新型 エミーラ V6 First Edition

V6ファーストエディションのパワーユニットは、エキシージとエヴォーラに供給されているロータスで研ぎ澄まされたトヨタ製のV型6気筒 3.5L スーパーチャージャーエンジン、2シーターの後ろにミッドマウント。オープンマニュアルギアチェンジメカニズム + メッシュグリルのスポーツレシオ6速マニュアルトランスミッションと油圧式パワーアシストステアリングの組み合わせにより、最高出力405psを発生。

V6ファーストエディションは、ロータスデザインパックの一部である20インチ超軽量Vスポーク鍛造ダイヤモンドカットアロイホイールが標準装備。ダイヤモンドカットはプレミアムな2トーン仕様、シルバーとグロスブラックも選択可能。2ピースハイパフォーマンスブレーキディスクと、ロータスネーム入りブレーキキャリパーは標準のブラックの他に、レッド、イエロー、シルバーから選択可能となり、TPMS(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)も標準装備。

V6ファーストエディションは鮮やかなエクステリアカラーが標準装備、2021年7月のエミーラ発表時にお披露目されたセネカブルー、マグマレッド、へセルイエロー、ダークバーダント、シャドーグレー、ニンバスグレーの6色から選択。

ロータス

https://www.lotuscars.com/ja-JP/model/emira#configure

http://www.lotus-cars.jp/news/news/emira_v6_first_edition/

Lotus Emira

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー

目次