MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

プジョー 新型 5008 マイナーチェンジ 2代目 3列シート7人乗り 日本 2021年1月27日発売

Peugeot 5008

プジョーは新型5008のマイナーチェンジを行い日本では2021年1月27日発売した。2020年9月2日(現地時間)発表した。

目次

新型 5008 マイナーチェンジについて

5008 マイナーチェンジにより、先に発表された新型「3008」によく似ている。変更はフロントから始まり、ヘッドライトの下にいくつかの新しい角度付きフィンを含む新しいフレームレスグリル、ヘッドライトといえば、LEDテクノロジーに加え、クロームチップを備えたフック型のデイタイムランニングライトが含まれている。GTおよびGT Packフォームの5008モデルには、拡張されたライトシグネチャとベンド照明機能を備えたフルLEDヘッドランプが含まれている。完全なLEDテクノロジーを備えた新しいテールライトは、リバースライトや、透明なスモークガラスで覆われた興味深いライトのサインなどがある。

5008に加えられた変更は、10インチのインフォテインメントタッチスクリーンと12.3インチのデジタル計器クラスターを含む、最新のi-Cockpitインテリアレイアウトでキャビン。SUVには、ラジオ、エアコン、車両設定、電話、ハザードライト、モバイルアプリケーション、ナビゲーション設定などの主要機能用の「ピアノキー」スタイルのスイッチも含まれている。

5008には、ナイトビジョンシステム、ストップアンドゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、レーンポジションアシスト、交通標識の認識の拡張、自動車メーカーの最新世代の自動緊急ブレーキシステムなど、いくつかの重要なテクノロジーも搭載。

新型 5008 マイナーチェンジ エンジン ラインアップについて

2種類のエンジンをラインアップ。2.0L 直列4気筒 ターボディーゼル、最高出力130kW(177PS)/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpm、1.6 L直列4気筒ターボ、最高出力133kW(180PS)/5500rpm、最大トルク250Nm/1650rpmを発生する。

スペック新型5008
全長4,640mm
全幅1,840mm
全高1,650mm
ホイールベース2,840mm
エンジン1.6L 直列4気筒
ターボエンジン
最高出力133kW(180ps)/
5,500rpm
最大トルク250Nm/1,650rpm
トランスミッション8速AT
車両重量1,570kg
乗車定員7名
価格(10%)4,672,000円

新型 5008 マイナーチェンジ 価格グレード について

モデル名エンジントランス
ミッション
価格(10%)
5008
Allure BlueHDi
2.0 L 直列4気筒
ターボディーゼル
8速AT
EAT8
4,600,000円
5008
GT
1.6 L直列4気筒
ターボ
8速AT
EAT8
4,672,000円
5008
GT BlueHDi
2.0 L 直列4気筒
ターボディーゼル
8速AT
EAT8
5,016,000円
あわせて読みたい
プジョー 新型 5008 マイナーチェンジ 2代目 3列シート7人乗り 2020年9月2日発表 プジョーは新型5008のマイナーチェンジを行い2020年9月2日(現地時間)発表した。2020年に発売する。 【新型 5008 マイナーチェンジについて】 5008 マイナーチェンジに...
あわせて読みたい
プジョー 新型 5008 マイナーチェンジ 2代目 3列シート7人乗り 2019年5月21日発売 プジョーは新型5008のマイナーチェンジを行い2019年5月21日発売した。 【新型 5008 マイナーチェンジモデルについて】 改良型の「1.6 L 直列4気筒 ターボ PureTech エン...
あわせて読みたい
プジョー 新型 3008 マイナーチェンジ 2020年9月1日発表 プジョーはCセグメントSUV「3008」のマイナーチェンジを行い欧州では2020年末から販売を開始すると2020年9月1日(現地時間)に発表した。日本では2021年から販売される...

プジョーニュースリリース

https://newsroom.groupepsajapan.jp/news/20210127_new5008

プジョー5008

https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/5008-suv.html

Peugeot 5008

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次