プジョー 新型 3008 マイナーチェンジ 2020年9月1日発表

peugeot 3008 プジョー

プジョーはCセグメントSUV「3008」のマイナーチェンジを行い欧州では2020年末から販売を開始すると2020年9月1日(現地時間)に発表した。日本では2021年から販売される。

新型 3008 マイナーチェンジ

新型「3008」はマイナーチェンジによりエクステリアデザインを一新。全に再設計されたフロントエンド、新しいフルLEDテールライト、新しいボディカラー、新しい「ブラックパック」オプションを備えている。新しいフレームレスグリル、光沢のある黒のサイドスクープ、塗装トレッドプレート、および統合されたフォグランプが付属。後部では、テールライトは透明なスモークガラスで覆われている。

インテリアには、i-Cockpitに10インチの高精細タッチスクリーンインフォテインメントディスプレイが搭載。MirrorScreen互換性(Apple CarPlayおよびAndroid Autoとの互換性)、スマートフォンのワイヤレス充電、およびオプションの515ワットFOCALサウンドシステムを採用。ラジオ、エアコン、衛星ナビゲーション、車両設定、電話、モバイルアプリ、ハザード用の7つのエレガントなピアノキーが付属。ハイブリッドバージョンには、メニューの電気機能にアクセスするための特定のボタンもある。内燃モデルには、運転モードセレクターが標準で搭載、ドライバーは「ノーマル」「スポーツ」「エコモード」を選択できる。プラグインハイブリッドモデルの場合には「EV」「ハイブリッド」「スポーツモード」を選択できる。

peugeot 3008

peugeot 3008

新型 3008 マイナーチェンジ エンジンラインナップ

2つのプラグインハイブリッドエンジンがあり、「HYBRID4 300 e-EAT8」 最高出力200 PS(197 HP)PureTechエンジンと2つの電気モーター 最高出力110 PS / 108HPを組み合わせた。「HYBRID 225 e-EAT8」モデルには、最高出力225 PS(222 HP)2WDハイブリッドは、最高出力180 PS(177 HP)PureTechガソリンユニットとギアボックスに取り付けられた最高出力110 PS(108 HP)電気エンジンを組み合わせ。推定充電時間は、7.4kWウォールボックスで1時間45分、強化16Aソケットと単相3.7 kW車載充電器で4時間、標準8Aソケットと同じ充電器で7時間。

内燃エンジンが2つのガソリンユニット(1.2L 3-cyl 130 PS(128 HP)/ 1.6L 4-cyl 180 PS(177 HP))とディーゼル( 1.5L 4気筒130 PS(128 HP))。1.6Lガソリンモデルは、8速オートマチックギアボックスを組み合わせる。

プジョー 新型 3008 フルモデルチェンジ SUV パリモーターショー 世界初公開 日本2017年3月13日発売

プジョー 新型 3008 フルモデルチェンジ SUV パリモーターショー 世界初公開 日本2017年3月13日発売
プジョーはCセグメントSUV新型3008、初のフルモデルチェンジをし2016年10月から順次各国で販売をスタートする。日本では2017年2月に発表し2017年3月13日発売した。価格:354万円~400万円。 新型3008発表について ...

ソース

https://www.carscoops.com/2020/09/2020-peugeot-3008-gains-drl-fangs-and-upgraded-tech/

プジョー3008

https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/3008-suv.html

プジョー

https://www.peugeot.co.jp/

プジョー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020