MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

プジョー 新型「5008」フルモデルチェンジ で電気自動車「E-5008」設定 3列シートSUV 2024年3月20日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Peugeot E-5008

プジョーは、 新型「5008」のフルモデルチェンジを行い新たに電気自動車モデル「E-5008」を設定し2024年3月20日に発表した。欧州では2024年9月に発売が開始される。同社は、2025年までに全モデルに電動オプションを提供し、その後2030年までに欧州でEV専用ブランドに移行すると約束している。

目次

プジョー 新型「5008」フルモデルチェンジ について

内燃機関(ICE)「5008」と電気自動車(BEV)「E-5000」を設定。

エクステリアを最新のデザインを採用、先代よりもより洗練されたデザインとなる。

21インチ曲面パノラマスクリーン「パノラマi-Cockpit」を採用。

「E-5008」は7席を用意するだけでなく、それを標準装備しているため、「E-3008」との差別化されている。新しいステランティス STLA ミディアムプラットフォームを採用し、EVモデルを設定してデビューする。「E-3008」のようにハイブリッド非「e」バージョンを待たせるのではなく、プジョーは「E-5008」と内燃機関(ICE)「5008」を発売することを選択しました。3列シートを採用しながらも259Lラゲッジスペースは確保。しかし、この容量は4ドアのミニクーパーよりも少ない。しかし、3列目のシートを下げると、748Lとなり、E-3008の520Lをはるかに広くなる。

プジョー 新型「5008」フルモデルチェンジ エクステリア について

プジョー「E-5008」 のエクステリアは、進化したスタイリング言語を採用、ボディサイズは全長4,790mm、全幅1,890mm、全高1,690mm、ホイールベース2,900mm、スリム化されたヘッドライトと、フロントバンパーに向かって消えていくほとんど覆われたグリルの側面にある3つのLEDファングを備えている。未来的なアルミホイール、ボディ下部のグロスブラッククラッディング、大きく傾斜したリアガラスなどがある。ルーフとピラーはブラックで仕上げられ、クロームのアクセントが空力的なルーフラインを強調し、アグレッシブなテールにつながる新世代の中核となるスタイリング特徴となっている。

プジョー 新型「5008」フルモデルチェンジ インテリア について

インテリアは最新のブランドデザイン「パノラマi-Cockpit」が採用、デジタルインストルメント クラスター、ヘッドアップ ディスプレイ、タッチスクリーンを1つのユニットに統合した、新しい自立型 21インチの曲面パノラマ スクリーン。スクリーンは後脚で支えられており、そのベースには「浮遊」効果を生み出す LED が付いている。曲面ディスプレイの右側はタッチセンサー式で、インフォテインメント、設定、空調制御にアクセスできます。さらに、センターコンソールの追加のタッチスクリーンには、古い航空機スタイルのスイッチに代わる 10個のカスタマイズ可能なスポットを備えた「i-Toggles」ショートカットが組み込まれている。

プジョーは、2本のスポークとフラットエッジを備えた特徴的な小径ステアリングホイールを維持しましたが、新しいユニットには、誤操作を避けるために「触覚クリック」機能を備えた一連の光沢のあるタッチセンサー式コントロールが備えられています。これらは、ステアリングホイールの後ろに取り付けられた 2 つの新しい「スリムでエレガントな」コントロールと組み合わされている。

プジョー 新型「5008」フルモデルチェンジ パワートレイン について

E-5008 パワートレイン

「E-5008 Electric 210」はシングルモーター、最高出力211hp(214PS)、73 kWhバッテリー、駆動方式2WD(FF)バージョンで航続距離500km。

「E-5008 Electric 230 Long Range」は出力が少し向上 (228hp / 231PS) し、駆動方式2WD、660kmの航続距離を実現するためにより大きな 98 kWh バッテリーが搭載される。

 「E-5008 Electric 320」は107hp (109 PS) のモーターを追加し、合計最高出力316hp(320PS)を発揮します。駆動方式4WDであるが、残念なことに、余分な重量により、98kWhのバッテリーを搭載するが、エントリーグレードと同様の航続距離500kmとなる。

3台とも400Vの電気系統と160kWの驚くべきDC充電速度で、10 分で100kmの航続距離を伸ばすことができ、 30分でバッテリーを20 ~ 80 パーセントまで充電できる。自宅で充電したいオーナーのほとんどは、11kWの車載充電器を標準装備、より迅速に充電するために22kW にアップグレードすることもできる。

5008 パワートレイン

「5008 ハイブリッド136 e-DCS6」は、直列3気筒1.2Lガソリンターボ+48V マイルドハイブリッド、最高出力134hp (136PS) 。 電気モーターは、前輪を駆動する強制 6 速デュアル クラッチ トランスミッションの内部に隠されており、同等の非ハイブリッド5008と比べて燃料消費量を 15% 削減するという。

「5008 プラグインハイブリッド 195 e-DCS7 PHEV」が2025年市場に投入される。これは、直列4気筒1.6Lターボエンジン+電気モーターを採用し、最高出力123hp (125PS) の電気モーターと 148hp(150PS)の内燃エンジンを組み合わせ、システム最高出力は300psでゼロエミッション モードでEV航続距離79kmを走行できる。

プジョー

https://www.peugeot.co.jp/

2024 Peugeot E-5008

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次