メルセデス・ベンツ 新型 Mercedes-AMG SL 2+2シート ファブリックトップ AWD 2021年10月28日発表

メルセデス・ベンツは新型「Mercedes-AMG SL」は2+2シートのファブリックトップ として生まれ変わり2021年10月28日発表した。

目次

メルセデス・ベンツ 新型 Mercedes-AMG SL

エクステリア

新型「SL」は、全長4,705mm、ホイールベース2,700mm。以前のSLより4.5インチ(115 mm)伸びたホイールベース。また、SLが初期の古いAMG GTロードスターよりも6インチ(154 mm)長い。

インテリア

メルセデスは、EQSセダンに見られるように、フルトリプルディスプレイのハイパースクリーンダッシュボードを展開しないことを選択、SLのインテリアにもっとクラシックなスポーティなデザインを選択。ベンツの最新のMBUXインフォテインメントパッケージを実行するコンソール上の調整可能なSクラススタイルのタブレット、3Dデジタルインストルメントクラスター、およびヘッドアップディスプレイを備えた。通常のステアリング支援と自動ブレーキシステムを備えている。

新しいルーフは、15秒で開いた状態から閉じた状態に5秒短縮され、最大60km/h(37mph)の速度で操作できる。メルセデスは、フロントシートのヘッドレストから暖かい空気を送り出すベンツのエアスカーフシステムが「8気筒モデルに標準装備されている」。

エンジン

「SL 63 4MATIC +」は、最高出力430kW(585HP)、最大トルク800Nm/2500-4500rpm、0-100km/h加速3.6秒、最高速315km/h。「SL 55 4MATIC +」は、最高出力350kW(476HP)、最大トルク700Nm、0-100km/h加速3.9秒、最高速295km/h。

marsMediaSite
あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ日本 オフィシャルサイト メルセデス・ベンツ 公式サイト。メルセデス各車種の動画映像やカタログ詳細情報、正規販売店・サーティファイドカー(認定中古車)の検索、試乗車検索・試乗リクエスト・...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる