MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

メルセデス・ベンツ 新型 Cクラス オールテレイン 日本モデル 2022年1月18日 発売

メルセデス・ベンツは、新型「Cクラス」の オールテレイン 「C 220 d 4MATIC オールテレイン」を2022年1月18日発売した。価格は7,960,000円。

目次

新型 Cクラス オールテレイン

Cクラスオールテレーンを通常のCクラスエステートと違い、たとえば、1.5インチ(40 mm)の追加の最低地上高を提供し、独自のフロントグリル、フロントとリアのスキッドプレート、フレアホイールアーチが装備。新しいボディパーツは、オールテレーンがエステート(ステーションワゴン)よりもわずかに大きく、ボディサイズを全長4,760mm、全幅1,840nn、全高1,495mmとに比べ+約40mmとすることで高い地上高とアイポイント、乗降のしやすさというSUVの特長を持たせながら、ボディサイズを一般的な駐車場に入るサイズ。

オールテレイン用に17〜19インチのホイールデザインのユニークな配列を開発。すべてのモデルは、Avantgargeのエクステリアトリムレベルに基づいているため、さまざまな磨かれたアルミニウムのアクセントが特徴。リアサイドウィンドウのBピラーとバーのトリムは光沢のある黒で仕上げられており、顧客が望む場合は、より光沢のある黒のアクセントを追加するナイトパッケージを指定することもでる。

12.3インチのワイドディスプレイを採用するインストゥルメントクラスターと、11.9インチの縦型ディスプレイを採用するセンターディスプレイの2画面を標準装備。

メルセデスベンツはわずかに大きいステアリングナックルを備えた4リンクフロントサスペンションを取り付けました。この車は、2つの新しいダイナミックセレクト運転モードも備え。ヒルディセントコントロール、またはメルセデスが呼んでいるダウンヒルスピードレギュレーションを備えたオフロードおよびオフロード+。

車はまた、けん引でより信頼できるように変更。たとえば、オプションのエクストラとして、部分的に電動のトレーラーヒッチと旋回式ボールヘッドおよびESPトレーラー安定化システムをオプションで選択。低速操作を支援するために、最大3.1 mph(5 km / h)の速度で牽引車両のステアリング角度を自動的に調整するトレーラー操作アシスタントも利用できます。最大1,800kg(3,968ポンド)まで牽引。

Cクラス全地形モデルに標準装備、4MATIC全輪駆動システム、最大45%の動力を前輪に、55%を後車軸に送る。エンジンに関しては、この車には、スタータージェネレーターが統合された2.0L 4気筒 エンジンクリーンディーゼルエンジン(OM654M)最高出力で 200PS (147kW)、最大トルク544Nmと、スタータージェネレーターと48ボルトの電気システム、最大で20PS (15kW)、208Nmが統合された2.0L 4気筒ディーゼルが搭載されている。

メルセデスベンツ

https://media.mercedes-benz.jp/C-220-d-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%92%E7%99%BA%E5%A3%B2/

https://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる