MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

一部仕様向上 日産「キックス」は大幅に魅力的なモデルとなり進化を遂げる 2022年7月19日発売

日産の「キックス」は2022年7月19日に一部仕様向上を行い日本にて発売する。発売から丸2年となる「キックス」は一体どんな進化を遂げているのか、今までとは違いが数多くあるのでまとめてみた。

目次

一部仕様向上する「キックス」は次世代の「e-POWER」搭載

エクステリアは「X スタイルエディション」には「上品なダーククローム調のフロントマスク」流行りの「一文字LEDテールランプ」を採用。

インテリアは最新の「センターコンソール」のデザインを採用し一新する。

次世代の「e-POWER」搭載し新たに4WDモデルをラインナップ。

特別仕様車「スタイルエディション」を設定

「キックス e-POWER」のマイナーチェンジを行いエクステリアでは新しい日産エンブレムを採用し、リヤコンビネーションランプは流行りの左右のLEDランプと共に特徴的な一文字シグネチャーランプを採用。次世代「e-POWER」としてEM47モーター+MM48モーターを採用し、なんと最高出力100kW(136ps)/3,183rpm、最大トルク300Nm30.6kgmとし走行性能を向上した。4WDモデルには次世代電動4輪駆動システム「e-POWER 4WD」を採用。更にインテリアでは「センターコンソール」のデザインを一新する。特別仕様車「スタイルエディション」を設定する。

次世代電動4輪駆動システム「e-POWER 4WD」

リヤには、50kWのモーターを採用。日産独自の、前後独立モーターを緻密かつ瞬時に制御する技術により、ドライ路面はもちろん、ウェットやアイスバーン、深い雪道などといったあらゆる路面状況において、力強く安定した快適な走りを実現。4輪を滑らかに駆動するため、滑りやすい路面でも安定感のある力強い発進や加速を可能。減速時は、4輪の減速力を高精度に制御するため、車体をフラットに保ったまま安定して減速することが出来きる。後輪に回生制御を追加したことで、エネルギー回収効率も向上。 コーナリングにおいては、前後の駆動力の配分を自在に変えることが出来るため、滑りやすい路面でも高い性能を発揮。

新型 キックス e-POWER マイナーチェンジ スペックについて

次世代「e-POWER」はEM47モーター+MM48モーターを採用し、なんと最高出力100kW(136PS)/
3,410-9,697pm、最大トルク280Nm(28.6kgfm)/0-3,410rpmとし走行性能を向上した。
4WDモデルには次世代電動4輪駆動システム「e-POWER 4WD」を採用。

スペック新型 キックス
e-POWER 2WD
新型 キックス
e-POWER 4WD
全長4,290mm4,290mm
全幅1,760mm1,760mm
全高1,605mm1,605mm
ホイールベース2,620mm2,620mm
エンジン直列3気筒
1.2Lエンジン「HR12DE」型
+モーター「EM47」型
直列3気筒
1.2Lエンジン「HR12DE」型
+モーター「EM47」型
+モーター「MM48」型
最高出力60kW(82PS)/
6,000rpm
60kW(82PS)/
6,000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/
4,800rpm
103Nm(10.5kgm)/
4,800rpm
モーター
最大出力
100kW(136PS)/
3,410-9,697rpm
100kW(136PS)/
3,410-9,697rpm
モーター
最大トルク
280Nm(28.5kgm)/
0-3,410rpm
280Nm(28.6kgfm)/
0-3,410rpm
リアモーター
最高出力
50kW(68PS)/
4,775-10,259rpm
リアモーター
最大トルク
100Nm(10.2kgm)/
0-4,775rpm
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
リチウムイオン
バッテリー
駆動方式2WD4WD
乗車定員5名5名
WLTCモード
燃費
23.0km/L19.2km/L
あわせて読みたい
日産 新型 キックス e-POWER マイナーチェンジ 次世代の「e-POWER」4WD追加 2022年7月19日発売 日産は新型コンパクトSUV「キックス e-POWER」のマイナーチェンジを行い、4WDモデルを追加、更に次世代の「e-POWER」を搭載して日本にて2022年7月19日発売する。 【新型...

新型 キックス e-POWER マイナーチェンジ 価格・グレードについて

グレードエンジン
(モーター)
駆動
方式
価格
(10%)
XHR12DE
(EM57)
2WD2,798,900円
X FOURHR12DE
(EM57)
(MM48)
4WD3,061,300円
X
ツートーンインテリア
エディション
HR12DE
(EM57)
2WD2,908,400円
X FOUR
ツートーンインテリア
エディション
HR12DE
(EM57)
(MM48)
4WD3,171,300円
特別仕様車
X
スタイル
エディション
HR12DE
(EM57)
2WD3,018,400円
特別仕様車
X FOUR
スタイル
エディション
HR12DE
(EM57)
(MM48)
4WD3,281,300円

新旧 キックス スペック 比較

スペック新型 キックス
e-POWER
新型 キックス
e-POWER
全長4,290mm4,290mm
全幅1,760mm1,760mm
全高1,610mm1,610mm
ホイールベース2,620mm2,620mm
エンジン直列3気筒
1.2Lエンジン「HR12DE」型
+モーター「EM47」型
直列3気筒
1.2Lエンジン「HR12DE」型
+モーター「EM47」型
+モーター「MM48」型
最高出力60kW(82PS)/
6,000rpm
60kW(82PS)/
6,000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/
3,600-5,200rpm
103Nm(10.5kgm)/
3,600-5,200rpm
モーター
最大出力
95kW(129PS)/
4,000-8,992rpm
100kW(136PS)/
3,410-9,697rpm
モーター
最大トルク
260Nm(26.5kgm)/
500-3,008rpm
280Nm(28.6kgfm)/
0-3,410rpm
リアモーター
最高出力
50kW(68PS)/
4,775-10,259rpm
リアモーター
最大トルク
100Nm(10.2kgm)/
0-4,775rpm
バッテリーリチウムイオン
バッテリー(1.57 kWh)
リチウムイオン
バッテリー
駆動方式2WD2WD/4WD
乗車定員5名5名
WLTCモード
燃費
20km/L23.0km/L(2WD)
19.2km/L(4WD)

新型 キックス について思うこと

日産にとって「キックス」は日本市場においてコンパクトSUVという存在であり販売力の高い車種である。今回は日産として正常進化を果たし、エクステリア、インテリア、更にエンジンまで全てを一新することで見た目以上に乗ったときに進化を感じるモデルとなる。安全装備の充実やインテリアの最新装備により頼れる一台となる。色々話してきたが、今回の新型「キックス」は7月に発売した瞬間に話題となることは間違なく、見慣れないデザインに驚く人も多いのは間違ないだろう。あと一ヶ月余りの発売が楽しみである。

キックス

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/kicks.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次