MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 GRカローラ 世界初公開 日本は2022年後半発売

「TOYOTA GAZOO Racing」は新型「GR カローラ」を2022年3月31日9:30(現地時間)4月1日10:30(日本時間)世界初公開した。日本での発売は2022年後半を予定。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 GR カローラ 北米モデル 2022年3月31日世界初公開へ 北米トヨタの「TOYOTA GAZOO Racing」は新型「GR カローラ」を2022年3月31日9:30(現地時間)4月1日10:30(日本時間)世界初公開する。 【新型 GR カローラ 北米モデル ...
目次

新型 GR カローラ について

ベースとなるカローラスポーツと比較し、フロントフェンダーを片側20mm、リヤフェンダーを片側30mm拡大。ワイドなスタンスで、野性味のある走りを予感させる。

GRカローラにはGRヤリスにも搭載した1.6L直列3気筒インタークーラーターボエンジンを更に強化して搭載し、最高出力224kW(304PS)同じくGRヤリスに搭載された前後駆動力可変システム採用のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」をGRカローラ仕様に最適化して搭載、カローラスポーツのボディを基本骨格とすることで、ロングホイールベースが生み出す高速安定性を受け継ぎながら、フロントを60mm、リヤを85mmワイドトレッド化することにより高い旋回性能を実現。意のままのスポーツ走行を安心して楽しめる。加えて、5ドア・5人乗りの利便性をそのままにすることで、日常生活での使い勝手と走る楽しさを高次元で両立。

GRヤリスと同様に形状自由度の高いSMC工法で成形されたCFRP素材のルーフパネルを採用し、剛性を高めるだけでなく、軽量化を行っている。安定した制動力とコントロール性を実現する対向キャリパーブレーキを搭載

ショートストロークのシフトレバーを採用、ステアリングから自然に腕を下した位置に配置することで素早いシフト操作を可能。ドリフト走行など限界域での車両コントロール用途を視野に、パーキングブレーキには手引き式を採用GR車両専用に開発したFull TFTメーター(12.3インチのデジタルインストルメントクラスター)を新規採用。レーシングカーをお手本にプロドライバーの意見を取り入れ、スポーツ走行時の視認性を高めた。最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。

新型 GR カローラ 北米仕様 スペックについて

スペック新型 GR カローラ
北米仕様
全長4,410mm
全幅1,850mm
全高1,480mm
ホイールベース2,640mm
エンジン1.6L 直列3気筒
DOHC直噴
ターボチャージャー
最高出力224kW(304PS)/
6,500rpm
最大トルク370Nm(37.7kgfm)/
3,000~5,550rpm
トランス
ミッション
6速iMT
駆動方式4WD
(スポーツ4WDシステム
“GR-FOUR”)
乗車定員5名
タイヤ235/40ZR18

新型 GR カローラ が発表されてたことで感じること

今回の「GR カローラ」が発表されたことでまず感じることは”本気である”ということだろう!「GRヤリス」と同様と思いきや1.6L ターボエンジンは同様ながらに最高出力は224kW(304PS)/6,500rpmまで高めている(GRヤリスは最高出力200kW(272PS))。エクステリアはフロントフェンダーを片側20mm、リヤフェンダーを片側30mm拡大。ワイドなスタンス2,640mmとロングホイールベースが生み出す高速安定性。更にインテリアではドリフト走行時を考えたショートストロークのシフトレバーを採用、ステアリングから自然に腕を下した位置に配置することで素早いシフト操作を可能。GR車両専用に開発したFull TFTメーターを新規採用するなど非常に通常のカローラから大幅な変化とこれまでにない、スペックアップであるトヨタのモータースポーツに対する本気を感じさせる1台である。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37061800.html

トヨタ

https://toyota.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる