MENU

MT復活! 価格アップ! スズキ 新型「スイフトスポーツ」一部仕様変更 2023年11月27日発売

Swift

スズキは、販売が停止していた「スイフトスポーツ」のMT車を法規対応に伴う一部仕様変更をして再度販売を2023年11月27日に開始する。6AT車について、法規対応に伴う一部仕様変更を実施、2023年10月2日発表、2023年10月16日発売。MTモデルを廃止していた。

目次

スズキ 新型「スイフトスポーツ」一部仕様変更 MT 価格について

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格
(10%)
スイフト
スポーツ
1.4L
DOHC
VVT直噴ターボ
2WD6MT2,164,800円

スズキ 新型「スイフトスポーツ」一部仕様変更 価格グレード

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格
(10%)
旧価格
10%)
スイフト
スポーツ
1.4L
DOHC
VVT直噴ターボ
2WD6AT2,236,300円2,099,900円

4代目 新型スイフトスポーツについて

スズキは新型「スイフト・スイフトRS」のフルモデルチェンジを行い2016年12月27日に発表し2017年1月4日に発売した。そして、新型スイフトスポーツの4代目 フルモデルチェンジを2017年9月13日に発表し、9月20日に発売する。価格:183万6,000円~190万6,200円。

エンジンや、軽量高剛性な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」採用し70kgの軽量化、新開発サスペンションにより高い動力性能とハンドリング性能を実現。卓越した性能を感じさせる力強いデザインに加え、スポーティーなエキゾーストサウンド、専用セミバケットシートなどスポーツマインドを高揚させるスポーツ要素の演出にもこだわっている。2015年4月20日 上海モーターショー2015で新型スイフトスポーツに搭載される、1.4L 直噴ターボ「BOOSTERJET(ブースタージェット)」などを公開した。新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジン「 BOOSTERJETブースタージェット 」直噴化による燃費性能向上と過給機による、出力及びトルク向上を実現した新開発1.4Lの直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」を上海モーターショーにおいて世界初公開した。「BOOSTERJET」は、燃費性能と動力性能に加え、ボディサイズや重量に対する高い要求を満たすためエンジン各部のレイアウトの最適化を行い、軽量化技術を駆使した、新開発のコンパクトで軽量な直噴ターボエンジンである。スズキはこの「BOOSTERJET」の搭載モデルを中国市場より発売開始し、その後世界へも展開していく。と発表されたが、これがまさにスイフトスポーツ搭載用のエンジンでまず間違いない。上海モーターショーの会場で公開された「BOOSTERJET」は1.4L 直噴ターボエンジン新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジン「 BOOSTERJETブースタージェット 」最高出力:150ps/6,500rpm最大トルク:23.0kgm/2,500rpm

4代目 新型スイフトスポーツ エクステリア について

4代目 新型スイフトスポーツ インテリア について

4代目 新型スイフトスポーツ 公式動画

新型スイフトスポーツ 搭載エンジン

新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジンを搭載するがスイフトスポーツには最高出力:140psに落とす形で搭載することになった。新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジン「 BOOSTERJETブースタージェット 」最高出力:103kW(140PS)/5,500rpm、最大トルク:230Nm(23.4kgm)/2,500-3,500rpm、トランスミッション:6MT/6AT、JC08モード燃費:16.4km/L (6MT)16.2km/L(6AT)となった。

スイフトスポーツ(国内仕様)初3ナンバー設定

スペックスイフトスポーツ
全長3,840mm
全幅1,735mm
全高1,500mm
ホイールベース2,450mm
エンジン新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジン
「 BOOSTERJETブースタージェット 」
最大出力103kW(140PS)/5,500rpm
最大トルク230Nm(23.4kgm)/2,500-3,500rpm
トランスミッション6MT/6AT
車両重量970~990kg
JC08モード燃費16.2〜16.4km/L

スズキ初採用 デュアルセンサーブレーキサポート DSBSを搭載 メーカーオプション

新型スペーシアなどに装備されている2つのカメラを装備した「デュアルカメラブレーキサポート」ではなく単眼カメラ+レーザーレーダーによる衝突被害軽減システムを搭載この方式はトヨタの「Toyota Safety Sense」と同じ方式である。ハイビームアシスト機能も搭載。税抜き 134,000円とした。

全方位モニター付メモリーナビゲーション

まるで真上から車を見下ろしているような附款映像で駐車をサポート。「Apple Car Play」「Android Auto 」対応CarPlayは運転に集中したまま車の中でiPhoneを使うより優れた安全な方法。Android Auto は高度な音声認識でGoogleマップなどのアプリケーションの操作が可能。

スイフトスポーツについて

スイフトスポーツは旧型は3代目で2代目の販売終了から約1年2か月のブランクを経てフルモデルチェンジの発表を2011年11月28日に行った。MT車は2011年12月13日より、CVT車は2012年1月27日よりそれぞれ販売開始した。マニュアルが先代の5速MTから6速MTになり、オートマチックは4速ATからスイフトスポーツ初のCVTに変更されている。2016年12月27日にスイフトの4代目へのフルモデルチェンジに伴い販売終了。スイフトスポーツは初代からジュニアWRCに参戦しており、ジュニアWRC参戦車をイメージしたホッテストハッチ「スイフト スポーツ(SWIFT SPORT)」も高い評価を得ている。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型 スイフト フルモデルチェンジ 5代目 2024年10月発売

スズキニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/a/2023/1002/index.html

https://www.suzuki.co.jp/release/a/2023/1113/

https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/

Swift

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次