メルセデス・ベンツ 新型「GLC クーペ」フルモデルチェンジ 2代目 日本モデル 2023年11月28日発表 発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
Mercedes-Benz GLC Coupe

メルセデス・ベンツは新型SUV「GLC クーペ」をフルモデルチェンジして日本モデルを11月28日発表・発売した。

目次

メルセデス・ベンツ 新型「GLC クーペ」フルモデルチェンジ について

メルセデス・ベンツは2代目のクーペSUV「GLC クーペ」のフルモデルチェンジを行い2023年3月14日(現地時間)発表した。通常のSUV「GLC」とその基盤を共有しながら、同じスタイリッシュなアプローチを採用。0.27Cdという印象的な空力効率を採用する。日本モデルのラインアップは、1モデルで 2.0L 直列4気筒 直噴ディーゼルターボ(ISG 搭載モデル)「GLC 220 d 4MATIC クーペ」となる。

  • リアルウッドインテリアトリムや本革を採用した質感の高いインテリア
  • トランスペアレントボンネットなどオフロード性能を向上
  • ISGによる電動化
  • Sクラス譲りのメルセデス・ベンツの最新技術を多数採用
  •  サポートの精度を高めた安全運転支援システム
  •  縦型11.9インチのメディアディスプレイによる直感的な操作設定
  •  AR(拡張現実)ナビゲーションを標準装備
  •  生体認証(指紋、声)によるシートポジション等の設定
  •  片側100万画素以上の高機能ヘッドライト
  •  良好な取り回しと優れたハンドリングを実現するリア・アクスルステアリング

メルセデス・ベンツ 新型「GLC クーペ」フルモデルチェンジ エクステリア について

GLC クーペのフロントはSUV の派生モデルによく似ていますが、傾斜したルーフラインと完全に再設計されたテールが独特の外観を与えています。新しいデザインは、0.27Cdという印象的な空力効率を誇っており、前モデルの 0.30Cd よりも改善されている。同時に、4,763mm (187.5インチ) の長さの車両は、置き換えられるモデルよりも 31mm (1.2インチ) 長くなってる。片側130万画素を誇るDIGITALライトによる効果的な夜間の視界確保。

新しいモデルは、メルセデスの典型的なクーペ SUV のプロポーションを保持していますが、その前任者と比較して、よりクリーンで洗練された外観になっています。これは主に、GLCやEQ範囲全体と同様に、黒いトリムで互いに接続されたスリムな LEDテールライトによるものです。実際、GLCクーペは現在、低床のCLAに相当するSUVのように見えます。

GLC クーペのその他の注目すべき機能には、大きく傾斜したリア ガラスの下に配置された一体型ダックテール スポイラー、フェイク ベント付きの目立つリア バンパー、プラスチック製のクラッディング、デュアル テールパイプとディフューザーの周りの大量のクローム ディテールが含まれます。オプション機能には、LEDヘッドライト用のランニング ボードとデジタル ライト システムが含まれます。メルセデスは、パナメリカーナ グリル、スポーティなバンパー、19インチアルミホイールを含 AMGラインパッケージを装着したGLCクーペの写真のみを公開し、米国市場では標準。

メルセデス・ベンツ 新型「GLC クーペ」フルモデルチェンジ インテリア について

インテリアは、12.3インチフルデジタルメーター、カラー ヘッドアップ ディスプレイ、傾斜したセンター コンソールに 11.9インチのメディアディスプレイ、AR(拡張現実)ナビゲーションを備え、最新バージョンの MBUX インフォテインメントを採用。標準の 710 ワット 15 スピーカー Burmester 3D サラウンド システムもある。インテリアの残りの部分は標準バージョンと同じように広く見え、さらに大きなパノラマ サンルーフがキャビンにより多くの光を取り入れる。545 lt (19.2 立方フィート) のラゲッジスペースは、前世代より 45 lt (1.6 立方フィート) 大きいが、通常の GLC よりは 75 lt (2.6 立方フィート) 小さい。また、追加のハードウェアのために 390 lt (13.8 立方フィート) しか得られないプラグイン ハイブリッド モデルでは、貨物容量が大幅に犠牲になる。生体認証(指紋、声)によるシートポジションなどの設定。

メルセデス・ベンツ 新型「GLC クーペ」フルモデルチェンジ スペックについて

GLC 220 d 4MATIC クーペのパワートレーンは、直列4気筒 2.0リッターターボディーゼルエンジン「OM654M」で最高出力145kW(197PS)、最大トルク440Nmを発生する。エンジンとトランスミッションの間に配置されるマイルドハイブリッドシステムのISGによって、最大で17kW(23PS)、205Nmのブーストを可能としている。

新型クランクシャフトの採用によって、ストロークを94.3mm、排気量を1992cc に拡大し、燃料噴射圧力を2700barに引き上げ、可変タービンを採用した水冷式ターボチャージャーにより、きわめて速やかなレスポンスと優れたパワー伝達を実現。また、スチール製ピストンにナトリウム封入式冷却ダクトを内蔵することで、ピストンクラウンの温度ピークを効果的に低減させた。トランスミッションは9速AT「9G-TRONICオートマチックトランスミッション」、駆動方式は4WD「4MATIC」を採用。スイッチ操作1つでエンジンやトランスミッションの特性を切り替えるDYNAMIC SELECTの中に「Offroad」モードを加え、「Offroad」モードでは、トランスミッションがオフロードモードに切り替わり、雪道や悪路での走破性を高める。急な下り坂での安定した走行をサポートする「DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)」も備える。

メルセデスベンツニュースリリース

https://media.mercedes-benz.jp/%E6%96%B0%E5%9E%8B-%E3%80%8CGLC%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%9A-%E3%80%8D%E3%82%92%E7%99%BA%E5%A3%B2/

メルセデスベンツ

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/glc/glc-coupe/explore.html

https://www.mercedes-benz.co.jp/

Mercedes-Benz GLC Coupe

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次