MENU

トヨタ 新型「クラウン」 電気自動車(BEV)モデル 最大航続距離1,000kmの新型全固体電池を披露

crown ev

トヨタは、日本で開催された「クルマの未来を変えていこう」をテーマにした技術説明会「Toyota Technical Workshop」を開催し、モビリティカンパニーへの変革を支える様々な新技術を公表しました。更に1例としてプロトタイプとなる「クラウン」EVモデルを披露した。電動化計画に関する新たな詳細を明らかにした。2026年に登場する予定の同社の次世代電気自動車はトヨタによれば、それらは現在のモデルよりもはるかに先進的で、大幅に改良されたバッテリーを提供する。

目次

最大航続距離1,000kmの新型全固体電池を披露

トヨタはさまざまなバッテリーパックを提供する予定で、これにより自動車メーカーはより優れた機能を備えたEVだけでなく、手頃な価格のEVも提供できるようになる。同社の量販市場向け製品は双極型リン酸鉄リチウム(LFP)電池であり、「優れた」かつ「低コスト」であることが約束されている。特に同社は、現行の「bZ4X」と比較して「航続距離の20%向上、コストの40%削減、30分以内の急速充電(SOC=10~80%)」を目指すとしている。bZ4X の日本価格は6,000,000円からで、WLTCモード航続距離は487~559kmであるため、これらの改善は歓迎される。航続距離1,000kmを実現するパフォーマンスバッテリーの開発にも取り組んでいる。これにより航続距離への不安は過去のものになることが期待されており、トヨタは「空力や軽量化などの車両効率」によって長距離航続が可能になると述べた。 バッテリーは大きな役割を果たしているため、これらは方程式の一部にすぎないトヨタはそれについてはあまり語らなかったが、バッテリーは「正方形」になり、エネルギー密度が高まる。自動車メーカーはまた、バッテリーはbZ4Xに搭載されているものより20%安くなり、20分以内で10~80%の充電が可能になると述べた。

トヨタは高性能双極リチウムイオン電池の開発にも取り組んでいます。2027年か 2028年に登場する予定で、標準のパフォーマンス バッテリーの利点を活かしたものになります。特にトヨタは、航続距離のさらなる10%向上とコストの10%削減が期待できると述べた。

トヨタは、「従来の」電池に加えて、全固体電池を2027年か2028年に商品化できるようにすることを目指している。全固体電池の航続距離がパフォーマンスバッテリーと比較して20%増加すると推定している。 1,200km。また、このバッテリーを使用すると、車両は 10分以内に10~80%の充電が可能になり、これは ICE 搭載車両の給油速度に近づきます。それが十分に印象的ではないとしても、トヨタはすでに「より高いレベルの仕様」を備えた全固体電池の開発に取り組んでいると述べた。このバッテリーは、パフォーマンス バッテリーよりも 50% 長い航続距離を目指しており、その距離はなんと1,500kmになります。

新型 クラウン 電気自動車(BEV)モデル

多様な電動車の提供を可能にするプラットフォーム「マルチパスウェイプラットフォーム」を採用、次世代BEVの投入前にもさまざまなBEVラインアップを広げていくとしており、会場では多様なニーズに合わせてFun to Drive なBEVを提供できる技術の一例として、新型「クラウン」のパワートレーンをBEV化したモデルも公開。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/39288466.html

crown ev

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次