MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

スバル 新型 レガシィ マイナーチェンジ 2023年モデル 世界初公開

スバルは新型「レガシィ(B4)」のマイナーチェンジを行い2023年モデルとして2022年に米国で発売する

目次

スバル 新型 レガシィ マイナーチェンジ 2023年モデル

今回マイナーチェンジによりフロントバンパーのデザインを変更。「より大胆な見た目」となった。ヘッドライトのLEDデイライトの形状を変更。赤いグリルのアクセントと、サイドミラーとリアスポイラーのマグネタイトグレーのメタリックが特徴。グレー仕上げの18インチアルミホイールも装備。レガシーのスポーツグレードには赤のコントラストステッチが施された排他的な黒とグレーの張り地を持っている。

11.6インチStarlinkインフォテインメントシステムは、ワイヤレスAndroidAutoとワイヤレスAppleCarPlayに加えて、「オーディオ、HVAC、および車両機能の改善された画面上のコントロール」を備えています。ナビゲーション付きのモデルも、新しいwhat3words統合を誇っている。パワームーンルーフ、GPSナビゲーション、

運転支援システム「アイサイト」をアップデートし、最上位グレードにデュアルカメラを更に広角モノカメラを搭載した3カメラを採用。新しい自動緊急ステアリングシステムは、死角検出、車線変更支援、および後方交差交通警報を備えたトリムレベルでも利用可能であり、時速50マイル未満の事故を回避するためにEyeSightと自動ブレーキの組み合わせを使用。

Legacyの11.6インチStarlinkインフォテインメントシステムは、ワイヤレスAndroidAutoとワイヤレスAppleCarPlayに加えて、「オーディオ、HVAC、および車両機能の改善された画面上のコントロール」を備えています。ナビゲーション付きのモデルも、新しいwhat3words統合を誇っています。

Legacy Sport and Touring XTの全天候型パッケージには、360度加熱されたステアリングホイールが搭載されており、どこに触れても暖かくなります。Touring XTは、対照的なシルバーのステッチが施された新しいスレートブラックナッパレザーも採用。

安全面では、車線変更アシストとリアクロストラフィックアラートを備えたブラインドスポット検出を搭載したモデルに、50 mph(80 km / h)未満の速度での衝突を回避するのに役立つ自動緊急ステアリングが搭載されています。レンジトッピングのレガシィツーリングXTは、広角モノカメラも搭載しています。これにより、「車両が低速で交差点に入ると、歩行者や自転車をより早く認識できるように、視野がさらに広がります」。

2.5L 4気筒水平対向エンジンは変更されておらず、最高出力182hpと最大トルク176 lb-ftを出力8速マニュアルモード機能を備えたCVTトランスミッションに、駆動方式はAWD(4WD)を採用する。

新型 レガシィ B4スペック(米国仕様)

スペック 新型レガシィ B4 (米国仕様)
全長 4,840mm
全幅 1,840mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,745mm
エンジン 水平対向4気筒DOHC 2.5L
自然吸気「FB25」型
水平対向4気筒DOHC 2.4L
直噴ターボ「FA24」型
最高出力 182HP/5,800rpm 260HP/5,600rpm
最大トルク 176lb-ft/4,400rpm 277lb-ft/2,000-4,800rpm
トランスミッション リアトロニック
駆動方式 AWD シンメトリカル
JC08モード燃費
乗車定員 5名
予想価格
あわせて読みたい
スバル 新型 レガシィ B4 フルモデルチェンジ A型 日本モデル 2023年5月発売 スバルは新型「レガシィ B4」のフルモデルチェンジを行い日本では2022年5月に発売する。新型「レガシィアウトバック」もフルモデルチェンジを果たす。価格:23,645ドル〜...

スバル

https://www.subaru.com/vehicles/outback/index.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる