MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

フェラーリ 新型「SF90 XX」初の公道走行可能なスーパーカー PHEV 最高出力1,016hp

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Ferrari SF90 XX Stradale

フェラーリは「SF90」のハイパフォーマンスモデル新型「SF90 XX Stradale」「SF90 XX Spider」を2023年6月29日(現地時間)に世界初公開した。「SF90 XX Stradale」は世界限定799台で価格77 万ユーロ(約1億2,126万円)、「SF90 XX Spider」は世界限定599台で価格85 万ユーロ(約1億3,386万円)発売される。

目次

フェラーリ 新型「SF90 XX」について

フェラーリのXX バッジは、エンツォベースの FXX が2005年に発表されて以来存在、常にエクストリームトラック専用のスペシャルのために予約。今回のSF90 XX StradaleとSpiderの発売により、初めて公道に登場する。

1995年のF50以来、モータースポーツ スタイルの固定リア ウイングを備えた初のフェラーリ ロードカーであることで注目に値し、ダウンフォースが大幅に向上しています。車の下を通り、ボンネット内のダクトを通り、新しいリアウィングの上を通過する空気と、まだ存在する既存のアクティブウィングを合わせて、時速240kmで合計530kgのダウンフォースを提供。通常のSF90 Stradaleと同じ速度で390kg 。ダウンフォースが大幅に増加しているにもかかわらず、総重量は最軽量の Assetto Fiorano 仕様の純正 SF と比較して、クーペでは10kg減少して1,560kgにとどまっています。節約された主な部分は、エンジン3.5kgと斬新なカーボンスポーツシート。見た目は固定式バケットのように見えますが、伸縮性のあるトリムが 2 つの部分の分離を隠しており、この機能により道路での使用がはるかに快適になり、より幅広いドライバーに適したものになります。また、SF90で利用可能な一体型シートよりも重量が1.3 kg軽いです。

4.0L トリプルモーターハイブリッドV8 パワートレインは、30PS ブーストされ、総出力は1,000PS から1,030PSに向上した。内燃機関は、吸気路と排気路が洗練され、さらに新しいピストンと燃焼室の形状の調整により圧縮が向上し、出力が 780PSから797PSに向上しました。また、2つフロントモーターと1つのリアユニットにより、220PSではなく230PSが発生。SF90 XXの両バージョンは2.3秒で100km/hに達し、普通のSFの場合は2.5秒で到達し、最高速度は時速320kmに達する。1,660kgのスパイダーの100kgの重量ペナルティは、時速200km/hに達するまでに 6.7秒かかり、XX Stradale よりも 10 分の2 遅いことを意味する。ただし、電気走行距離に関しては違いはなく、どちらの XX 車も、通常のSFと同じ7.9kWh バッテリーと25kmのEV航続距離を共有する。

2024 Ferrari SF90 XX Stradale

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次