ホンダ 新型 EV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」CES2024で世界初公開 「サルーン」「スペース ハブ」2つのコンセプトモデル

当ページのリンクには広告が含まれています。
0Honda

ホンダは、2026年よりグローバル市場への投入を開始する新たなEV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」を2024年1月9日~12日開催される世界最大の技術見本市「CES2024」で発表した。

目次

ホンダ 新型 EV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」

「Honda 0(ゼロ)シリーズ」のコンセプトモデルである「SALOON(サルーン)」「SPACE-HUB(スペース ハブ)」次世代EV向けの新「Hマーク」を世界初公開した。大きく変革するHondaを象徴するEVシリーズ。

1.Hondaの歴史:原点・出発点の「ゼロ」
「M・M思想」と「操る喜び」、そして「自由な移動の喜び」といった、これまで大切にしてきた今後も変わることのないHondaの原点に立ち返り、次世代のHondaとして新たな起点をつくる

2.グローバルブランドスローガンの実践:「ゼロ」から創った価値で人の心を動かす
グローバルブランドスローガン「The Power of Dreams — How we move you.」のもと、常に「夢」を動機に、ゼロからの独創的な発想で新価値創造に取り組むことで、お客様にとっても新たな起点となる体験を提供し、人を動かし、心を動かしていく

3.社会に向けた取り組み:「ゼロ」への決意
企業活動を含めたライフサイクルでの「環境負荷ゼロ」、Hondaの二輪・四輪が関与する「交通事故死者ゼロ」の達成に向けた決意

EV開発アプローチ「Thin, Light, and Wise」と5つのコアバリュー

Thin:
フロア高を抑えた”薄い”EV専用プラットフォームにより、低全高のスタイルなどデザインの可能性を拡張するとともに、高い空力性能を実現していきます

Light:
原点に立ち返って生み出した独自技術で、これまでのEVの定説を覆す軽快な走りと電費性能を実現していきます

Wise:
これまで培ってきた知見と知能化技術の進化により、クルマそのものが賢くなる、Honda独自のソフトウェアデファインドモビリティを実現していきます

 この開発アプローチのもと、専用に開発したアーキテクチャーを軸に、「①共鳴を呼ぶ芸術的なデザイン」、「②安全・安心のAD/ADAS」、「③IoT・コネクテッドによる新たな空間価値」、「④人車一体の操る喜び」、「⑤高い電費性能」という5つのコアバリューを提供していきます。

5つのコアバリュー

  • 共鳴を呼ぶ芸術的なデザイン
  • 安全・安心のAD/ADAS
  • IoT・コネクテッドによる新たな空間価値
  • 人車一体の操る喜び
  • 高い電費性能

Honda 0シリーズを象徴するコンセプトモデル「SALOON」

Thin, Light, and Wiseを体現する、Honda 0シリーズのフラッグシップコンセプトモデル。EV専用アーキテクチャーにより、デザインの自由度を拡張し、EV時代においてM・M思想を昇華させた。一目見て他との違いを感じさせる低全高でスポーティーなスタイルは、その魅惑的なデザインだけではなく、外観からは想像できないほどの広い室内空間も両立。

インパネはシンプルで直感的な操作が可能なHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)を採用、洗練されたシームレスなUI(ユーザー・インターフェース)を実現。ステア・バイ・ワイヤの採用に加え、Honda独自のロボティクス技術で培った姿勢制御などのモーションマネジメントシステムをさらに進化させる。

Honda 0シリーズを象徴するコンセプトモデル「SPACE-HUB」

Honda 0シリーズ共通のデザイン言語のもと、「人々の暮らしの拡張」を提供することをテーマに開発したモビリティ。Thin, Light, and Wiseの開発アプローチにより、広々とした空間と見晴らしの良い視界を実現し、「ユーザーの『やりたい』に即座に応えるフレキシブルな空間を備えるSPACE-HUBが、人と人、人と社会をつなぐハブとなり共鳴を生み出す」という思いを込めている。

ホンダニュースリリース

https://global.honda/jp/news/2024/c240110.html

ホンダ

https://0.honda/jp/

0Honda

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次