BMW 新型 MINI コンバーチブル フルモデルチェンジ 画像と概要、東京モーターショー2015で正式発表

URLをコピーする
URLをコピーしました!

BMWの傘下のMINIはフルモデルチェンジし新型となる「MINI コンバーチブル」を発表した。さらに、第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)に出展すると発表した。

目次

新型 MINI コンバーチブル フルモデルチェンジについて

サイズ(前モデル比較)

全長:3,821mm(+98mm)

全幅:1,727mm(+44mm)

全高:1,415mm(+1mm)

ホイールベース:2,495mm(+28mm)

ラゲッジ容量:215L(ルーフ格納時160L)

ラゲッジスペースは旧型モデルよりも25%も広い。

スライディングルーフ機能付きソフトトップは、最大30km/hまで18秒で開閉可能。オプションで、ユニオンジャックソフトトップを設定可能。車輌重量は、ハードトップモデルに比べて120kg程重くなっている。

新型 MINI コンバーチブル フルモデルチェンジ エンジンについて

5種類をラインナップ
MINI クーパー コンバーチブル
エンジン:直列3気筒 1.5L ターボ
最高出力:136ps
MINI クーパーS コンバーチブル
エンジン:直列4気筒 2L ターボ
最高出力:192ps
MINI クーパーD コンバーチブル
エンジン:直列3気筒 1.5L ディーゼルターボ
最高出力:116ps
MINI クーパーSD コンバーチブル
エンジン:直列4気筒 2L ディーゼルターボ
最高出力:170ps
MINI ジョンクーパーワークス コンバーチブル
エンジン:直列4気筒 2L ターボ
最高出力:231ps

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる