トヨタ

トヨタ 新型 オーリス ハイブリッド Toyota Safety Sense C 搭載 日本発売2016年4月18日発売

2016年4月18日

トヨタは新型「オーリス」のハイブリッドモデルの日本導入を2016年4月18日に行う。全国のネッツ店のほか、新たに全国のトヨペット店を通じて販売される。

新型オーリス ハイブリッドモデルについて

新型オーリスはマイナーチェンジを2015年4月6日に行ったばかりだ。フロントフェイスはトヨタの新しいデザイン表現である「キーンルック」に、空力や冷却性能に配慮した台形のバンパー開口を強調する「アンダープライオリティ」を組み合わせたモデルである。

オーリスは以前から欧州モデルでは1ND-TV型 1.4L 直4 SOHC ターボディーゼル、1AD-FTV型 2.0L 直4 DOHC ターボディーゼル、2ZR-FXE型 1.8L 直4 DOHC+モーター ハイブリッドが存在する・・・正直、欧州に力入れてますね!!と知れば知るほど思うはず・・・新ハイブリッドグレード「HYBRID」「HYBRID“G Package”」ハイブリッドモデル 2ZR-FXE型 1.8L 直4 DOHC ハイブリッドである。これは現行3代目プリウスと同じ THS-II エンジンであり、3代目プリウスがJC08モード燃費で32.6km/Lであるが新型オーリスハイブリットはJC08モード燃費30.4km/Lだ!!なにしろ、トヨタの今やお得意分野であり日本市場で求められていることは間違いない!!ここにきて、新型4代目プリウスが爆発的な受注を受け現在は生産が追い付かない。そこで、安価でラグジュアリー感のあるオーリスのハイブリッド導入が検討され始めた。個人的には欧州で販売されているオーリスワゴンの導入が一番望ましいが、まずオーリス導入を皮切りにする様子だ。ハイブリットのグレードは「HYBRID ”G package”」「HYBRID」の2つがある!!「HYBRID ”G package”」「120T/120T”RS Parkge”」「RS 」には先進技術、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準搭載する!!1.2Lターボエンジンの新パッケージ「120T“RS Package”」「120T“RS Package”」は爽快な走りと低燃費を両立させた「120T」と、よりスポーティなデザインの「RS」を融合させ、ファッショナブルなスポーツハッチバックとしての地位を確立「RS」専用意匠に、17インチアルミホイールを標準装備。

新型オーリス ハイブリッドモデル 装備 グレード 価格について

HYBRID ”G package”:283万円

LEDヘッドランプ[ハイ・ロービーム]/オートレベリング機能付

LEDクリアランスランプ+LEDイルミネーション(デイライト機能付)

立体2眼コンビネーションメーター+TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

フロントフォグランプ

225/45R17タイヤ&17X7JJアルミホイール

シート表皮:本革xウルトラスエード(ホワイト&ブラック)

ホワイト&ブラックの専用内装色

本革巻きステアリングホイール(パドルシフト付)

スポーツシート

フロント大径ディスクブレーキ

メッキドアベルトモールディング

Toyota Safety Sense C

HYBRID:262万円

LEDヘッドランプ[ハイ・ロービーム]/オートレベリング機能付

LEDクリアランスランプ+LEDイルミネーション(デイライト機能付)

立体2眼コンビネーションメーター+TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

フロントフォグランプ

205/55R16タイヤ&16×6½Jアルミホイール

シート表皮/ファブリックX本革(ブラック)

フロント大径ディスクブレーキ

Toyota Safety Sense C (メーカーオプション)

TRD オーリスBrick Lane

ボンネットデカール(チェッカーフラッグ柄)

バックドアデカール(チェッカーフラッグ柄)

ルーフラッピング(マットブラック)

16インチアルミホイール(KYOHO製 SMACK-SFIDA)&ナットセット「180S/150X”S Package”に標準装備」

17インチアルミホイール(TOYOTA純正) 「HYBRID ”G package”、120Tに標準装備」

専用エンブレム

カラードドアミラー(ブラックマイカ)

シャークアンテナ(マットブラック)

簡易的なパンフレットを各販売店で配っており既に全国の販売店で事前受付がスタートしている、納車は5月頃となりそうだ。今回は海外モデルで既に発売されているオーリスハイブリッドが日本での発売となるが海外ではオーリスワゴンハイブリッドも存在し、日本で発売されれば人気車種となるはずだが可能性がある。

グレード排気量

トランス
ミッション

駆動方式

Toyota
Safety
Sense C

価格

HYBRID ”
G package”

1.8L(HYBRID)電気式
無段変速機
2WD標準装備2,832,545円
HYBRID

メーカー
オプション

2,620,473円

120T/120T”
RS Parkge”

1.2LSuper CVT-i標準装備2,590,037円
RS1.8L6MT2WD標準装備2,460,437円
1.8SSuper CVT-i2,376,000円
150X”S
Package”
1.5L2WD/4WD

メーカー
オプション

2,085,382円
150X1,892,945円
150X”C
Package”
1,789,855円

特別仕様のTRD Brick Laneも販売される予定だ!!


HYBRID“G Package”(ブラックマイカ)


HYBRID“G Package”(ホワイトパールクリスタルシャイン)


120T“RS Package”(レッドマイカメタリック)


HYBRID“G Package”のインテリア(内装色:ホワイト)


120T“RS Package”のインテリア(内装色:ブラック)

欧州モデル オーリスハイブリッド

欧州モデル オーリスハイブリッド内装

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://minkara.carview.co.jp/userid/1091116/blog/37583722/

https://minkara.carview.co.jp/userid/615928/blog/37562333/

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/11762373

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-トヨタ

© 2021 最新自動車情報