レクサス 新型 NX200t NX300h 小型SUV 新開発の2.0Lターボエンジンを搭載 2.5Lハイブリッド 攻めのデザインで勝負!!

レクサス

レクサスは、11月20日から12月1日まで東京ビックサイトで開幕する『第43回東京モーターショー13』にて、新開発した2.0リットルターボエンジンを搭載したコンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトモデル『LF-NX』を出展すると発表した。

9月に開幕したフランクフルトモーターショーに出展した「LF-NX」に新開発の2.0Lターボエンジンを搭載した、次世代のコンパクトSUVコンセプト。引き締まったボディと張り出したタイヤのコントラストで、SUVの力強さと俊敏な走りを表現したエクステリアや、タッチパッド型の新型リモートタッチ採用など、レクサスの先進性を象徴するインテリアが特徴となっている。

2014年1月14日のデトロイトショーでも出展予定とされている。
現状のSUVハイブリッドは日本ではレクサスRX450、ハリアーぐらいで今後はどんどん他社メーカーなども販売される
気配がある。

そして今回2014年4月20日~29日に開催される第13回北京モーターショーで市販モデルとなる2.0Lターボエンジンを搭載した「NX200t」と、2.5Lハイブリッドシステムをもつ「NX300h」を出展する。

NX200tは燃費JC08モード16km/L

NX300hは燃費JC08モード21.4km/L 現行ハリアーと同じ 

lexus_NX_007.jpg
lexus_NX_001.jpg
lexus_NX_004.jpg
lexus_NX_006.jpg
lexus_NX_002.jpg
lexus_NX_003.jpg

スペックレクサスNX300h
全長4520mm
全幅1830mm
全高1650mm
 ホイールベース2700mm
エンジン直4 2.5L+モーター
JC08モード燃費21.4km/L
価格480万円~600万

レクサス公式動画



レクサス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019