MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

アルピーヌ ラインアップ中で最もラディカル(過激)な新型「A110 R」2022年10月4日公開 日本導入へ

アルピーヌ・ジャポンはF1を始めとするモータースポーツで培ったノウハウを活かしてエアロダイナミクスを突き詰め、軽量な「A110」の車体をさらに軽量化専用シャシーにより走りの性能を向上させたラインアップ中で最もラディカル(過激)な「アルピーヌ A110 R」の受注を日本の全国のアルピーヌ正規販売店で11月下旬に開始すると発表した。

目次

アルピーヌ アルピーヌ A110 R について

アルピーヌ A110 Rは、カーボンボンネット、カーボンエンジンカバー、フルカーボンホイール、専用カーボンシートなど、軽さと強度に優れたカーボンを使うことでさらなる軽量化を図り、アルピーヌ A110 Sに対しても、いっそう軽量に仕上がっている。エアロダイナミクスをさらに向上させるため、新形状のディフューザー、スワンネックタイプのリアスポイラーマウント、サイドスカート、エアインテーク付フロントボンネットが採用されました。アルピーヌ A110 Sよりも車高が低められ、ロール剛性が高められた専用シャシーには、車高調整機能と、減衰力調整機能付ダンパーが組み合わされている。

アルピーヌ A110 Rは、軽量化による運動性能の向上に徹底的にこだわり、F1の世界では広く活用されているカーボンファイバーを、インテリア、エクステリアにこれまでより多く使用した結果、アルピーヌ A110 Rは驚異的な軽量化を実現、その総重量は1,100kgを切る軽さ。空気抵抗を減らしつつ、より強力なダウンフォースを生み出すようにエアロダイナミクスが強化され、A110 シリーズでは初の試みとなるボンネットやリアウィンドウ、ディフューザーなどの様々なパーツのデザインを見直した。サプライヤーのDuqueine 社と共に開発されたアルピーヌ A110 Rのオリジナルホイールは、100%カーボン製。フロント215/40 R18、リア245/40 R18サイズのミシュラン パイロット スポーツカップ2 タイヤが装着。Brembo製高性能ブレーキシステムが装備。

専用のシャシーや 300psを発生する1.8L直噴ターボエンジン、レーシングカーのようなインテリアにより、アルピーヌ A110 Rは未知のドライビング体験と、さらなる「ラディカル」な感覚をもたらす。Sabelt®社製のシングルシェルシートも、全てカーボン製にすることで軽量化に貢献しています。運転席と助手席には、6点式のシートベルトを備えている。

1.8 Lターボエンジンと7速DCTをボディ中央に搭載。最大トルク340N・m/2,400rpm、最大出力300ps/6,300rpmを発揮し、ローンチコントロールを使用した 0-100km/h加速は3.9秒、 最高速度 285km/h。圧倒的なパフォーマンスを誇るアルピーヌ A110 Rは、A110シリーズ最高峰のモデル。

あわせて読みたい
ルノー アルピーヌ 新型 A110 2022年モデル 改良 「AppleCarPlay」「AndroidAuto」対応 ルノーアルピーヌは新型「A110」の改良を行い2021年11月24日(現地時間)発表した。 【ルノー アルピーヌ 新型 A110 2022年モデル】 「A110」は 1.8 Lターボチャージャ...
あわせて読みたい
【2022年】 0-100km/h加速 ランキング 国産・輸入車 速い車はこれだ! 世界トップ30 今回は2022年現在、世界で発売する車の中で0-100km/h加速で速い順にランクを作成しています。公式データをもとに作成しています。販売が終了しているモデルは記載してお...

アルピーヌ

https://www.alpinecars.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次