ルノー アルピーヌ 新型 A110 2022年モデル 改良 「AppleCarPlay」「AndroidAuto」対応

ルノーアルピーヌは新型「A110」の改良を行い(現地時間)発表した。

目次

ルノー アルピーヌ 新型 A110 2022年モデル

「A110」は 1.8 Lターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載し、最高出力249 hp(252 PS)と最大トルク236 lb-ft(320 Nm)。 4.5秒でmph(100 km/h)。GTと110Sは、最高出力296 hp(300 PS)と最大トルク251 lb-ft(340 Nm)に上げている。62 mphの時間は4.2秒に低下し、GTはベースカーと同じ155 mph(150 km/h)に制限、Sは162 mph(260 km/h)に達することができる。ハンドリングをシャープにするため、50%剛性の高いスプリング、再セッティングされたダンパー、以前の2倍の剛性を持つアンチロールバーを採用。AppleCarPlayとAndroidAutoを最終的に備えた新しい7インチのタッチスクリーンの追加。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる