ホンダ 新型 N-ONE VS 現行N-ONE 何が変わったのか? スペック 新旧 徹底比較

N-ONE 新旧比較
N-ONE

ホンダは2代目となる新型「N-ONE」を2020年11月に発売する。今回はフルモデルチェンジであるがエクステリアは驚くほど同じデザインを採用しているが中身は大きく変化している、一体何が変わったのか比較してみた。

N-ONEについて

N-ONEは2011年12月に発売したN-BOXから展開を開始、軽自動車シリーズ「Nシリーズ」の第3弾として2012年11月に登場。ゼストの後継車。ホンダ初の市販軽乗用車「N360」をモチーフに「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」の基本思想であるM・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想を受け継ぎ、新しいベーシックカーの創造を目指して開発された。

2012年11月1日 1代目「N-ONE」を発表、11月2日発売を開始。

2014年5月15日 マイナーモデルチェンジを発表、5月16日発売を開始。

ホンダ 新型 N-ONE マイナーチェンジ 低全高のローダウンバージョン を追加し2015年7月17日発売
ホンダは新型「N-ONE」のマイナーチェンジを行い2015年7月17日発売。 N-ONE 118万5000円~163万4400円 N-ONE プレミアム 149万円~178万7400円 N-ONE Modulo X:189万8000円...

2017年12月21日マイナーモデルチェンジを発表、12月22日発売を開始。

ホンダ 新型 N-ONE マイナーチェンジ ザインが異なる4つのタイプを設定 2017年12月22日発売
ホンダはに新型N-ONEのマイナーチェンジを行い2017年12月22日に発売した。価格:120万960円~177万2280円。 新型N-ONEについて 今回のマイナーモデルチェンジでは、「Standard」・「Select」・「Pr...

2020年9月11日 2代目「N-ONE」モデルに関する情報が公式ティザーサイトにて公開。

ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ Honda SENSING標準装備 2020年11月発売
ホンダは軽自動車「N-ONE」のフルモデルチェンジを行い2020年11月に発売する。 新型 N-ONE フルモデルチェンジについて 「新型N-BOX」同様に今回のフルモデルチェンジはキープコンセプトであるが、エンジン型式:S07AからS...

新型N-ONEについて

新型N-BOX」同様に今回のフルモデルチェンジはキープコンセプトであるが、エンジン型式:S07AからS07Bと改良されたエンジンを採用。9割の部品を見直し、使い勝手や操作性の向上、約80kgの軽量化による燃費向上を果たす。丸目のLEDヘッドライト採用。軽自動車初の「LEDデイタイムランニングランプ」を搭載。LEDリアコンビネーションランプ(ストップランプ&テールランプ)採用。

新型 N-ONE エクステリア

N-ONE

現行N-ONE エクステリア

新型 N-ONE インテリア

新型 N-ONE インテリア

電子制御パーキングブレーキ&オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるテレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となった。

ターボモデルには軽自動車には珍しい「6MT」モデルをラインナップする。現行はシティブレーキアクティブシステム搭載(低速域衝突軽減ブレーキ + 誤発進抑制機能)であるが新型N-ONEは先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備となる。

新型 N-WGN と現行 N-WGN  エンジン比較ついて

新型N-ONEにはボア×ストロークが変更された新型エンジンS07Bが搭載。S07Aのボア×ストロークが64.0mm×68.2mmだったのに対し60.0mm×77.6mmと大きくロングストローク化している。その他、様々な改良や新機軸が取り入れられている。自然吸気には可変バルブタイミング・リフト機構のi-VTEC搭載。

N-BOX「S07B」型

「S07B」型 エンジン

スペック 新型N-ONE 現行N-ONE
エンジン 直列3気筒DOHC
660cc エンジン
「S07B」型
直列3気筒DOHC
660cc エンジン
「S07A」型
最高出力 43kW(58PS)/
7,300rpm
43kW(58PS)/
7,300rpm
最大トルク 65m(6.6kgm)/
4,800rpm
65N・m (6.6kgf・m)/
4,700rpm
トランスミッション CVT CVT
JC08モード燃費 25.8km/L〜
28.4km/L
WLCTモード燃費 23.2km/L

ターボには電動ウエストゲートを採用。

スペック 新型N-ONE 現行N-ONE
エンジン 直列3気筒DOHC
660cc ターボエンジン
「S07B」型
直列3気筒DOHC
660cc ターボエンジン
「S07A」型
最高出力 47kW(64PS)/
6,000rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク 104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
104Nm (10.6kgm)/
2,600rpm
トランスミッション CVT(7スピードモード付き)+
パドルシフト
CVT(7スピードモード付き)+
パドルシフト
JC08モード燃費 25.8km/L
WLCTモード燃費 22.0km/L

先進運転支援システム Honda SENSING全モデル標準装備

現行モデルはシティーブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)を装備しているが、新型N-ONEからHonda SENSINGを採用し大幅に安全性能が強化される。

システム 装備 新型N-ONE 現行N-ONE
CMBS or CTBA
約80km/h

約30km/h
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング ×
路外逸脱抑制機能 ×
ACC ×
LKAS ×
先行車発進お知らせ機能 ×
標識認識機能 ×
後方誤発進抑制機能 ×

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日...

ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ Honda SENSING標準装備 2020年11月発売

ホンダ 新型 N-ONE フルモデルチェンジ Honda SENSING標準装備 2020年11月発売
ホンダは軽自動車「N-ONE」のフルモデルチェンジを行い2020年11月に発売する。 新型 N-ONE フルモデルチェンジについて 「新型N-BOX」同様に今回のフルモデルチェンジはキープコンセプトであるが、エンジン型式:S07AからS...

最後に

N-ONEはフルモデルチェンジをしてもほぼ現行とデザイン初の市販軽乗用車N360をモチーフにしたデザインを変えなかったことが素晴らしい。

しかし、中を見れば現代の最新装備を多く採用、は先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備、「電子制御パーキングブレーキ&オートブレーキホールド」機能を搭載するなど現行の不満点を改善したモデルとなった。

ホンダ N-ONE

https://www.honda.co.jp/N-ONE/new/

https://www.honda.co.jp/N-ONE/

ホンダ

https://www.honda.co.jp/

新旧比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020