MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型 レジェンド レベル3自動運転「Honda SENSING Elite」搭載 2021年3月5日発売

ホンダは新型「レジェンド」のマイナーチェンジを行いレベル3自動運転「Honda SENSING Elite」搭載して2021年3月5日に発売する。販売計画台数(限定生産)
100台。価格は11,000,000円。

目次

新型 レジェンド マイナーチェンジ 「Honda SENSING Elite」搭載

  1. ハンズオフ機能。高速道路や自動車専用道で、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線維持支援システム(LKAS)が作動中に一定の条件を満たすと、ドライバーがハンドルから手を離した状態でも、システムが運転操作を支援する機能。
  2. トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)ハンズオフ機能付車線内運転支援機能で走行中、渋滞に遭遇すると、一定の条件下でドライバーに代わってシステムが周辺を監視しながら、アクセル、ブレーキ、ステアリングを操作する機能。
  3. 緊急時停車支援機能 ドライバーがシステムからの操作要求に応じ続けなかった場合、左車線へ車線変更をしながら減速・停車を支援する機能。
  4. ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)ドライバーへ作動状態、走行状況、システムからの操作要求をわかりやすく瞬間的に認知させるインターフェイス。ハンドル、ナビ画面上部、グローブボックスにHonda SENSING Elite表示灯を装備。、12.3インチの大型フル液晶メーターでも、システムの作動状態や周辺車両の状況、操作要求をシンプルかつ表現力豊かに表示。

「Honda SENSING Elite」は、Honda SENSINGの中でもElite:精鋭・優れた技術の象徴として命名。特に「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」はHondaが国土交通省より自動運行装置として型式指定を取得した自動運転レベル3:条件付自動運転車(限定領域)に適合する先進技術であり、これにより高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能となった。

3次元の高精度地図や、全球測位衛星システム(GNSS)の情報を用いて、自車の位置や道路状況を把握し、多数の外界認識用センサーで周囲360°を検知しながら、車内のモニタリングカメラでドライバーの状態を見守ります。こうしてさまざまな情報をもとにメインECUが認知・予測・判断を適切に行い、アクセル、ブレーキ、ステアリングを高度に制御して上質でスムーズな運転操作を支援。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 レジェンド マイナーチェンジ Traffic Jam Pilot 自動運転レベル3搭載 2021年2月発売 ホンダは新型「レジェンド」のマイナーチェンジを行い2021年2月に発売する。 【新型 レジェンド マイナーチェンジについて】 新型「レジェンド」では量産車両で世界初と...

ハンズオフ機能

高速道路や自動車専用道で、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線維持支援システム(LKAS)が作動中に一定の条件を満たすと、ドライバーがハンドルから手を離した状態でも、システムが運転操作を支援する機能。

トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)

ハンズオフ機能付車線内運転支援機能で走行中、渋滞に遭遇すると、一定の条件下でドライバーに代わってシステムが周辺を監視しながら、アクセル、ブレーキ、ステアリングを操作する機能。システムは先行車の車速変化に合わせて車間距離を保ちながら同一車線内を走行、停車、再発進。

緊急時停車支援機能

ライバーがシステムからの操作要求に応じ続けなかった場合、左車線へ車線変更をしながら減速・停車を支援する機能。

ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)

ドライバーへ作動状態、走行状況、システムからの操作要求をわかりやすく瞬間的に認知させるインターフェイス。ハンドル、ナビ画面上部、グローブボックスにHonda SENSING Elite表示灯を装備。

新型 レジェンド マイナーチェンジ 「Honda SENSING Elite」搭載モデル 価格

タイプ乗車
定員
エンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
LEGEND Hybrid EX・
Honda SENSING Elite
5V6 3.5L
直噴i-VTEC
エンジン
7速DCTSPORT HYBRID
SH-AWD
11,000,000円

自動運転車の定義

自動運転車のレベルは5段階に設定されており、レベル2まではドライバーが基本的な操作を行うがレベル3からはシステムがドライバーに代わって操作を行うことが大きな違いとなる。

自動運転車 レベル1

運転支援、自動ブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンキープアシストなど

自動運転車 レベル2

高度な運転支援、レーンキープアシストにアクティブクルーズコントロールが可能で遅い車がいる場合にウィンカー等で操作で自動で追い越しを行う。高速道路の合流を自動で行う。

自動運転車 レベル3

高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能。

自動運転車 レベル4

特定条件下においてシステムがドライバーに代わって運転操作を行う。(作動継続が困難な場合もシステムが対応)

自動運転車 レベル5

完全自動運転。

レジェンドのスペックについて

フロントには「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を採用した最高出力314ps(231kW)のJ35Y型と、最高出力47psの電気モーター1基を内蔵した7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を、リアアクスルには最高出力37ps(27kW)の電気モーターを左右1基ずつ搭載している。今回のマイナーチェンジ約2年半でのマイナーチェンジを果たす。

スペック新型レジェンド
全長5,030mm
全幅1,890mm
全高1,480mm
ホイールベース2,850mm
エンジンV6 3.5L 直噴 i-VTEC エンジン
最高出力314ps (231kW) /6,200rpm
最大トルク37.8kgm(371Nm) /4,700rpm
モーター最高出力 (H2型)48ps (35kW) /3,000rpm
モーター最大トルク(H2型)15.1kgf·m(148Nm) /500-2,000rpm
モーター最高出力(H3型)37ps(27kW)/4,000rpm
モーター最大トルク(H3型)7.4kgm (73Nm) /0-2,000rpm
システム最大出力381ps(276kw)
バッテリーリチウムイオン電池
トランスミッション7速DCT
駆動方式2WD(FR)
乗車定員5名
車両重量1,980kg
JC08モード燃費16.4km/L
あわせて読みたい
ホンダ 世界初 自動運転レベル3の型式指定 ホンダは自動運転車(レベル3)に求められる国土交通省の型式指定を取得。高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可...

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2021/4210304-legend.html

LEGEND

https://www.honda.co.jp/LEGEND/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次