MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

レクサス BEVフラッグシップコンセプトモデル「LF-ZL」は巨大サイズ、全長5,300mmでホイールベースはなんと約3,350mm

当ページのリンクには広告が含まれています。
LEXUS LF-ZL

レクサスはバッテリーEV(BEV)のフラッグシップコンセプトモデル「LF-ZL」を2023年10月25日に世界初公開した。2023年10月26日から11月5日まで(一般公開は10月28日(土)から)、東京ビッグサイトを中心に開催する「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」LEXUSブースにて、電動化で実現するクルマの未来と新たなモビリティ体験を提案するコンセプトモデルのラインアップコンセプトモデル「LF-ZC」とバッテリーEVのフラッグシップコンセプト「LF-ZL」を発表。

目次

レクサス BEVフラッグシップコンセプトモデル「LF-ZL」について

レクサスが2023年10月25日に発表した「LF-ZL」は、同日に発表された「LF-ZC」と同様に、今後の量産モデルを予告する可能性がある。将来のフラッグシップ高級モデルとして、LF-ZCよりも上位に位置する可能性もある。LF-ZLは、全長5,300mm、全幅2,020mm、全高1,700mm、ホイールベース3,350mmという巨大なサイズを誇り、完全にフラットなフロアで設計されており、乗員を楽しませるためのテクノロジーを満載したインテリアが備わっており、キャビンの運転席側には、ヨークステアリングホイールがあり、その左側にはシフターやさまざまな人間運転および自動運転モードを操作するための小さな縦型ディスプレイが付いている。同様の画面がホイールの右側に配置され、メディアコントロールが配置されます。フロントガラスの一番下にデジタル計器クラスターが配置されている。

LF-ZLは4人乗りとして設計されており、後部座席にはレッグレストとその間に小さな竹の仕切りを備えたリクライニングラウンジスタイルの椅子が備わっています。

「LF-ZL」は、レクサスの次世代BEVアーキテクチャーを採用したコンセプトカーです。このアーキテクチャーは、車体をフロント、センター、リヤの3分割した新モジュール構造「ギガキャスト」を採用。「ギガキャスト」は、従来の鋳造技術よりも形状自由度が高く、一体成形により締結部を低減できることから、剛性を高め、操作に対してリニアでより自然なフィーリングを実現します。また、車体ボディのセンター部分に電池を搭載することで、フロント、リヤは構造上の影響を受けず、電池の進化を素早く車両に取り込むことが可能。LF-ZLは、ドライバーのニーズを学習して予測し、ドライバーのモビリティエクスペリエンスをパーソナライズする、オペレーティングシステム「Arene OS」を搭載しています。Arene OSのパフォーマンスを最大限に活かすことで、高度な情報連携を行い、ドライバーのニーズを学び、先回りしてくれるサービス体験でトータルでの移動のパーソナライズを実現。さらに、LF-ZLは「Interactive Reality in Motion」という機能を搭載しています。この機能は、クルマに搭載されたセンサー類と社会のデジタル情報を連携させ、ドライバーが運転中に外の風景の中で気になった場所やモノを指さすと、その情報が車載ディスプレイに即座に表示され、音声案内を行う。

レクサス BEVフラッグシップコンセプトモデル「LF-ZL」ボディサイズ について

スペックLF-ZL
全長約5,300mm
全幅約2,020mm
全高約1,700mm
ホイールベース約3,350mm

レクサスニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/39888338.html

LEXUS LF-ZL

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次