マツダ 2020年1月30日で創立100周年

マツダ株式会社は、2020年1月30日に創立100周年を迎えた。

一年を通じて、皆さまに感謝をお伝えするべく、2020年3月に「GENEVA INTERNATIONAL MOTOR SHOW(ジュネーブモーターショー)」にて創立100周年をテーマにした出展を行い、2020年5月22日から24日に「マツダオープンデー2020」を開催する予定です。

マツダ100周年サイト URL: https://www2.mazda.com/ja/100th/

100年の歴史を感じられるMAZDA VIRTUAL MUSEUMなどコンテンツを充実させ、世界中の皆さまとマツダの絆を紹介する「with MAZDA STORIES」では投稿フォームによる物語の募集を開始しました。

目次

マツダ株式会社について

1920年(大正9年)1月 東洋コルク工業株式会社設立。

1927年(昭和2年)9月 商号を東洋工業株式会社に変更。

1931年(昭和6年)初の自動車、三輪トラック「マツダ号」を生産開始。

1960年(昭和35年)5月 -初の量産型乗用車となるマツダ・R360クーペ発売。以降、量産型車両の社名略称として「マツダ」が使われる。

1967年(昭和42年)5月  初のロータリーエンジン搭載車コスモスポーツ発売。

1978年(昭和53年)1月 ロータリーエンジン車生産累計100万台達成。

1978年(昭和53年)3月30日「サバンナRX-7」を発売。

1984年(昭和59年)5月  商号をマツダ株式会社に変更。

1986年(昭和61年)4月  ロータリーエンジン車生産累計150万台達成。

2002年(平成14年)4月  新ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」を展開。

2002年(平成14年)5月20日 新ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」を体現した「アテンザ」を発売。

2012年(平成24年)2月16日 「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面採用した「CX-5」を発売。

2019年5月24日「MAZDA3」を発売。

創立100周年で期待されるのは?

100周年で期待されるのがロータリーエンジン復活だ!新型「RX-9」や新たに「マツダ RE レンジエクステンダー」(Range Extender:航続距離延長装置)の発売が期待される。

あわせて読みたい
マツダ 新型 RX-9 フルモデルチェンジ 次世代ロータリーエンジン SKYACTIV-R搭載 2022年発売 マツダは「RX-8」のフルモデルチェンジの開発を進め、新型「RX-9」として2022年に発売を開始する。本来は2020年はマツダが創業して100周年となる年であったが、コロナウ...

マツダニュースリリース

あわせて読みたい

マツダ

あわせて読みたい
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる