メルセデス・ベンツ 新型 VISION EQS 高級EV セダン 2019年9月10日公開

VISION EQS メルセデス・ベンツ
VISION EQS

メルセデスベンツは高級EVモデルとなる新型コンセプト「VISION EQS」を2019年9月10日(現地時間)フランクフルトモーターショー 2019にて世界初公開した。

新型 VISION EQS について

「Vision EQS」は電気自動車であり、100kWhのバッテリーとトータル最高出力約350kW(476PS/470HP)、0-100km/h加速4.5秒未満、最高時速200km/h以上、WLTP航続距離は最大700kmの走行が可能だ。350kWの充電器を使用している場合「約20分」でバッテリーを80%まで充電可能だ。

VISION EQS

「VISION EQS テクノロジープラットフォーム」まったく新しい、完全に可変のバッテリー電気駆動プラットフォームを選択。これは多くの点でスケーラブルであり、クロスモデルベースで使用可能。最新のモジュラーシステム、ホイールベースとトラックのおかげで、他のすべてのシステムコンポーネント、特にバッテリーは可変であるため、広範囲に適しています自動車メーカーは異なる。「Vision EQS」にはレベル3の自動運転技術が搭載。

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

VISION EQS

「Vision EQS」は全体のデザインがシームレスに見える連続的な「ライトベルト」構造で、流れるようなパワフルな彫刻された外観を採用。2つのホログラフィックレンズモジュールを備えたデジタルライトヘッドライトが含まれます。リアエンドは229個の個々の星を照らすことで特に革新的であり、フロントグリルには188個の個々のLEDで構成されるライトマトリックスがあり、3次元効果を作り出す。

VISION EQS

インテリアのコンセプトは高級ヨットの世界からインスピレーションを得ている。ダッシュボード全体がフロントトリムセクションのボディと融合しているのを見ることができる。設計哲学のタイプは将来のメルセデスベンツの高級サルーンの展望を示している。インレイなどのトリム要素に組み込まれた通気口、ローズゴールド製スピーカーカバー、装飾ホルダーに入れられた宝石のような香りのフラスコが含まれている。インフォメーションシステムには高度な「MBUXシステム」を搭載。

VISION EQS

VISION EQS

Mercedes-Benz VISION EQS: World Premiere | Trailer

VISION EQS スペック

スペック VISION EQS
モーター最高出力 約350 kW(476ps)
バッテリー 100 kWh
0-100 km/h加速 4.5秒未満
最高時速 200km/h以上
モーター最高出力 150kW(204ps)
WLTP航続距離 最大700km
乗車定員 4名

ソース

https://www.carscoops.com/2019/09/mercedes-vision-eqs-puts-luxury-and-electric-mobility-together/

メルセデスベンツ 

https://www.mercedes-benz.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました